土地改良法 - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今日は、土地改良法の条文を読みました。

土地改良法

(昭和二十四年六月六日法律第百九十五号)

最終改正:平成二五年一二月一三日法律第一〇二号

 

 第一章 総則(第一条―第四条)

 第一章の二 土地改良長期計画(第四条の二―第四条の四)

 第二章 土地改良事業

  第一節 土地改良区の行う土地改良事業

   第一款 土地改良区の設立(第五条―第十五条)

   第二款 土地改良区の管理(第十六条―第四十六条)

   第三款 土地改良区の事業

    第一目 事業の施行(第四十七条―第五十七条の八)

    第二目 権利関係の調整(第五十八条―第六十五条)

   第四款 土地改良区の地区変更、解散及び合併(第六十六条―第七十六条)

   第五款 土地改良区連合(第七十七条―第八十四条)

  第二節 国又は都道府県の行う土地改良事業(第八十五条―第九十四条の十)

  第三節 農業協同組合等又は第三条に規定する資格を有する者の行う土地改良事業(第九十五条―第九十六条)

  第四節 市町村の行う土地改良事業(第九十六条の二―第九十六条の四)

 第三章 交換分合(第九十七条―第百十一条)

 第四章 土地改良事業団体連合会(第百十一条の二―第百十一条の二十三)

 第五章 補則(第百十二条―第百三十一条)

 第六章 監督(第百三十二条―第百三十六条の四)

 第七章 罰則(第百三十七条―第百四十五条)

(目的及び原則)

第一条  この法律は、農用地の改良、開発、保全及び集団化に関する事業を適正かつ円滑に実施するために必要な事項を定めて、農業生産の基盤の整備及び開発を図り、もって農業の生産性の向上、農業総生産の増大、農業生産の選択的拡大及び農業構造の改善に資することを目的とする。

  土地改良事業の施行に当たっては、その事業は、環境との調和に配慮しつつ、国土資源の総合的な開発及び保全に資するとともに国民経済の発展に適合するものでなければならない。