【最幸ビジネスモデル】それが自分。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】それが自分。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 【最幸ビジネスモデル】  2013.10.23 No.0725
===========================

誰かを見て、
「あ、なんか素敵だなー」と感じたり、

誰かを見て、
なんかひっかかるとか、嫌いーと感じたり、

そんな風に、
誰かを見たり、誰かと接した時に、
自分の感情が揺れた時、

それが自分。

人は鏡と言う言葉は
使い古されているけれど
日常にあまり活かされていない事が
多いのではないだろうか?

私は
DVの元夫の
些細な何でもない事ですぐにカッとしたり
人に怒りをぶつけたりする姿が
とても嫌だった。

いきなり人格そのものが豹変して
怒り狂う姿はもうすごかった。

優しくていい人か
恐ろしい化け物かの
どちらかでしかなく、
子どもにそんな姿を見せたくないと
強く感じていた。

だから、
そんな姿が自分であるなんて
とてもじゃないが認める事などできやしない。

けれど
その元夫から子どもを抱えて逃げ出して
距離と時間を置いたら
あれは自分の姿だったのではなかろうか?
と気付き始めてしまった(笑)

最初は
違う違う。私は違う。
と抵抗していた私の心も
「仮にそれが自分だとしたら?」という
仮定で眺めていると
私の中に
怒りや悲しみや苦しみや・・・
もう、すごい感情を溜め込んでいた事に気付き

「はい。私の姿でしたー」

と観念した(爆)

すると元夫に対して
感謝の気持ちが溢れ出し
元々、恨む気持ちは少しもなかったが
「嫌だ」という感情がなくなってしまった。

そして
元夫の、
めちゃくちゃ頑張っている根底の思いが
早く癒されますように
という気持ちになった。

幼い頃からの私の心に溜まった
怒りや苦しみや悲しみを
元夫は
表現して見せてくれていたのだ。

怒りや苦しみや悲しみの全ての根源は

「愛」

愛が根源だからこそ
悲しみや怒りが生まれる。

愛という存在を
押し殺して、無視して、
愛とはかけ離れた枠をぎゅーぎゅーと
押し付けられ
悲しむヒマもなく
愛が亡き者にされ
コントロールされ
その事に怒りという強い感情で
「はよ気付やー」
というシグナルを発する。

これらが、すべて自分の内部で起こっている。

自分の内部だけれども
自分では見えない。

だから、人が見せてくれる。

まったく同じように
「わー、おしゃれだね。」
「わー、すてきー」
「いいねー」
という感情が起こったときも
それが自分。

いやいや、そんな私なんて・・・
と謙遜する事が美徳とされてきたが
それは、自分を否定しているだけ。

人が鏡になって見せてくれた
嫌悪や悲しみや怒りなどの感情も
好きや嬉しいや気持ちがいいなどの感情も
「それが自分」と思って
内面と対峙すれば
本当の自分に出会って行く。

今まで、気付かなくてごめんよー私。

という気持ちが増えて
自分とどんどん仲良くなれる。

人を嫌うごとに
自分を嫌っているのだから
しごく当たり前の話しなのだ。

___________________________
■今日のまとめ

 人を通じて感情が揺れた時。
 それが自分。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最幸ビジネスモデル】なっちゃんから教わった事。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/28 16:37)

【最幸ビジネスモデル】季節があるようにタイミングもある。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/25 10:25)

【最幸ビジネスモデル】ひっかかりがない状態とは。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/19 18:40)

【最幸ビジネスモデル】問題の作り方。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/11 08:57)

【最幸ビジネスモデル】分かり合うという事。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/08 08:00)