[出来ることをこつこつと。甘いものを摂らないことで身体を変えましょう] - 冷え性・婦人病 - 専門家プロファイル

sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師
鍼灸マッサージ師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

[出来ることをこつこつと。甘いものを摂らないことで身体を変えましょう]

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 冷え性・婦人病
鍼灸治療 産科 婦人科 不妊治療 鍼灸
気温が下がり涼しくなってきました。

こういうときは寝冷えに注意ですね。



わかってます!と言われそうですが、原因があっての結果です。

多くの方のお身体をこれまで診させていただいて、おもうこと。

「甘いもの、摂らない生活には心の発散を考えていかないと」



結論から言うと、甘いものが血液の滞りに大きく影響しているようです。

東洋医学では甘いものは身体を緩める作用があり、身体の調子を整えるために使用したりもします。それはツボと経絡で整えるのですが。

食べ物でしか緩めることが出来ないのではなく、鍼灸治療で緩めます。

ですが、食べ物でみんな緩めてしまうんですね。手っ取り早いからです。

でも、その手っ取り早いことずうーと続けていると、弊害が起こります。

そういう方が患者様のなかでとても多い。



鍼灸治療ではそういうことを見据えて、治療をします。

でも、人によってはゆっくりです。全員が何でも急すぎるのは駄目なのです。

 

病が浅かったり、自己治癒力の高い方は急でもいいし、治療もそういう考えでします。

病の深い方は、どうしてもゆっくりです。



甘いものを摂らなくても大丈夫になります。

そのために自分で出来ることは、心を発散させて緩めることとと思います。

鍼灸治療とともに、凝り固まらないように遊ぶことも大事です。

スポーツのし易い秋。



頑張りが結果とつながります。





 sekimura鍼灸院 関村順一

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(鍼灸マッサージ師)
sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師

次こそは妊娠したい!赤ちゃんを授かる身体になる為に

赤ちゃんを望む女性の為、西洋医学の治療をして、それでも授からない女性の為に女性治療師7名とともに鍼灸治療を頑張っています。生理痛も鎮痛剤で我慢を続けていると将来の不妊の原因に。ぜひ一度お越し下さい!

カテゴリ 「鍼灸治療 産科 婦人科」のコラム

ヨガの本のご紹介(2016/01/29 10:01)

初日の出(2016/01/01 11:01)

今日が年内最後の鍼(2015/12/29 10:12)

このコラムに類似したコラム

太もも裏の肉離れの原因は?なぜ起こるのか? 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2015/04/19 10:00)

鍼灸治療、少しでも早めに始めてほしい 関村 順一 - 鍼灸マッサージ師(2013/06/20 11:18)

鍼灸治療、不妊症の予防と緊急に対応 その1 関村 順一 - 鍼灸マッサージ師(2013/03/22 09:35)

肉の塊が出た!! 関村 順一 - 鍼灸マッサージ師(2012/09/29 13:26)

気を強くするという事 関村 順一 - 鍼灸マッサージ師(2012/04/26 13:26)