公衆送信権侵害を肯定した最高裁判例  - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

公衆送信権侵害を肯定した最高裁判例 

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般

公衆送信権侵害を肯定した最高裁判例

 

最高裁平成23118日民集 第651121

 

1 公衆の用に供されている電気通信回線に接続することにより,当該装置に入力される情報を受信者からの求めに応じ自動的に送信する機能を有する装置は,あらかじめ設定された単一の機器宛てに送信する機能しか有しない場合であっても,当該装置を用いて行われる送信が自動公衆送信であるといえるときは,自動公衆送信装置に当たる。
2 公衆の用に供されている電気通信回線に接続することにより,当該装置に入力される情報を受信者からの求めに応じ自動的に送信する機能を有する装置が,公衆の用に供されている電気通信回線に接続しており,これに継続的に情報が入力されている場合には,当該装置に情報を入力する者が送信の主体である。

このコラムに類似したコラム

会社法務A2Z フランチャイズ記事 金井 高志 - 弁護士(2014/03/01 17:26)

パブリシティ権(ピンクレディー事件) 村田 英幸 - 弁護士(2013/09/22 16:41)

ビジネス法務2010年11月号、会社法 村田 英幸 - 弁護士(2013/09/13 10:06)

「一問一答集 著作権法・不正競争防止法」、その11 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/12 15:10)