口を縦に開けるとは?欧米人にできて日本人にできないこと - ボーカルレッスン全般 - 専門家プロファイル

うえむらかをる
歌手 リズム・ボイストレーナー 音楽講師
東京都
音楽家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ボーカルレッスン

うえむらかをる
うえむらかをる
(音楽家)
田中 真由美
田中 真由美
(英語発音スペシャリスト)
うえむらかをる
うえむらかをる
(音楽家)
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)

閲覧数順 2017年04月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

口を縦に開けるとは?欧米人にできて日本人にできないこと

- good

  1. 趣味・教養
  2. ボーカルレッスン
  3. ボーカルレッスン全般
ボイストレーニング(ボイトレ) ボーカルレッスン

大抵のボイストレーナーさんがおっしゃる言葉「口を縦に開けなさい」。これの本当の意味は、喉の奥を開けろということ。しかし、殆どの生徒さんは、口の表面だけを縦に開けようとなさいます。日本人骨格の場合、表面を縦に開けると、顎が奥に引けてしまいます。すると、舌が上に浮いて、奥を塞いでしまいます。「喉を掘る」なんて言葉があるようですが、喉の奥に共鳴ができないので、こもったような声になってしまいます。欧米人は縦に開けるだけで、下あごが前に出ます。だから、すぐに奥があく。日本人もこれにならえばよいわけです。下あごを出す。ちょっと受け口気味に。欧米人向きのノウハウをそのまま日本人に当てはめようとしてもうまく行きません。例えば、バレエでは、まず、ターンアウトといって、内腿を外に開く練習をします。これは、欧米人には殆どの場合わざわざ必要がなく、日本のバレエの先生が1970年代に気づかれ、ようやく日本に普及したのが1980年代です。私は子供の頃、色んな先生にバレエを習ってたけど、どなたもターンアウトを教えてくださらなかった。今でも、内腿がインしていて、バランスの悪い足です。ボイトレの世界はもっと遅れています。欧米人にできて日本人にできないことのノウハウを知ることが大事。無駄なことを延々とやっても上達しませんから。。σ^_^;

このコラムに類似したコラム

ラッキーな事があったよ!と思える自分「大好き」 本山nackeyナオト - 音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー(2013/12/12 14:47)

ボーカルトレーニング★日常何すればいいの? ② 本山nackeyナオト - 音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー(2013/12/09 15:58)

ボーカルトレーニング★日常何すればいいの? 本山nackeyナオト - 音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー(2013/12/04 19:17)

ボーカルトレーニング 本山nackeyナオト - 音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー(2013/09/21 20:32)

ライブの映像4/20、at大阪高槻その4 うえむらかをる - 音楽家(2013/09/07 17:13)