不動産売却の流れ-1 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

大川 克彦
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2020年09月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産売却の流れ-1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
適正価格で早期売却! 不動産の売却時ガイド

1.事前相談、無料査定



『いくら位で売れるの?』『買いたい人はいるの?』『事前に準備することは?』

 
不動産の売却に関して最も大切なことは、売却可能金額を知ることです。
査定額ではありません・・・
何社かの不動産会社で査定を依頼するとどうしても査定金額が高いところに頼みたくなります。しかし、査定金額は実際の売却金額ではありません・・・

↓こちらもご参考にしてください。
査定額の決め方はこんなに適当?
 

●無料査定について
売却不動産はもちろん、近隣の事例、成約事例などをもとに価格を適正に算出いたします。
一戸建て・マンション・売りアパートなど建物付きの場合は室内外の状況を確認させていただき、修繕状況など考慮します。 
近隣物件でも、以下の状況により価格が違いますので事前にご確認ください。
土地・・・地形、用途、接道状況、道路幅員、近隣環境、地盤など
建物・・・外壁、屋根、防水状況、内装状況、水廻りの劣化など
マンション・・・管理状況、向き、階数、修繕状況または履歴、積立金の金額など
 
●ご用意いただく書類など
売却不動産の購入時のパンフレットや建築確認図面、施工図、メンテナンス(修繕履歴)が確認できるもの、住宅ローンの返済償還表など
他に、ご自宅の自慢できるところなど・・・
 
●住宅ローンが残っている場合
ローン残高により販売方法が違います!
買い替えの場合は、購入する住宅ローンと一緒に売却物件のマイナス分も借りることが可能です。事前に担当者とご相談ください。
 
 
 
 
不動産の売却

不動産コンサルティング