詰め物の違い③ - 一般歯科・歯の治療全般 - 専門家プロファイル

竹芝サウスタワー歯科 歯科医師
東京都
歯科医師
03-6402-1180
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こんにちは


今日は5月からの続きの

詰め物の違いについてのお話です。


保険では神経をとった根管に金属の土台を立て、

金属や金属にプラスチックを貼りつけた冠を被せます。

しかし、年程度で冠の下や根管の中が

虫歯になってしまいます。


やがて、歯根が折れ最終的には歯を抜くことに

なってしまうのです・・・。

このように、保険治療は1本の歯に何度も

何度も治療を繰り返すことによって、

大体15年で歯を抜かなければならなくなる

可能性がある治療なのです


ここでもし、最初の詰め物を自費治療の

極超微粒子のセラミックを含んだものや、

セラミックの詰め物にすれば。。。


続きは次回~


竹芝サウスタワー歯科

03-6402-1180

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
竹芝サウスタワー歯科 歯科医師

痛くない治療を目指します。

痛くない治療と歯を守る予防歯科をベースに短期間での治療を目指します

03-6402-1180
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

詰め物の違い④ 赤岩 経大 - 歯科医師(2013/06/17 15:25)

詰め物の違い② 赤岩 経大 - 歯科医師(2013/05/31 10:41)

よく見かける歯医者の宣伝文句「なるべく削らない」の不思議 飯田  裕 - 歯科医師/医学博士(2015/04/19 16:00)

むし歯の放置で敗血症に?!全身にバイ菌が広がる恐い話 飯田  裕 - 歯科医師/医学博士(2015/04/11 20:16)