「相手軸な話」㊸お客様に聴いて思い込みを無くそう(その1) - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸な話」㊸お客様に聴いて思い込みを無くそう(その1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成




「お客様が、私共をご利用頂いている理由は、私どもが考えていた理由とは全然違っていました・・・」

東北のある洋食チェーンの社長が、眼をカッと開いて話されました。
彼の洋食レストランチェーンは、地元でも有名なお店です。経営は順調ですが、レストラン事業だけでは発展は難しいと考え、数年前から「会議用弁当」の宅配事業を始めました。

通常の昼食用弁当とは違い、中身もやや高級、なので価格もやや高めです。
しかし、老舗の洋食レストランの味が、パワーランチで食べられるとあって高い人気を維持しています。
しかし、いつも同じようなメニューだと飽きられてしまう。メニューの開発チームは、食材に工夫を凝らし新しいお弁当の開発を進め、それを提供していきました。

そんなある日、この事業のPL(損益計算書)を分析していた社長は、「おや?なんだか食材原価率が上がってきているぞ・・・原因は何だ?」と疑問を持ったのです。

責任者に尋ねてみると、原因はパワーランチ弁当の中身を変更し、より高級にしていった結果、少しずつ原材料費が高くなっていたのです。
お客様にご満足頂き、長く利用して頂くには、お弁当の中身に飽きられてはダメだ!もっと食材を良くし、味を良くしていかないとダメなんだ!自社の老舗レストランとしてのプライドをかけ、お客様の満足度を向上させたいとの一新から開発チームは一生懸命に新商品を開発していたのでした。

しかし、このまま高い食材費率で販売していたら、利益は大幅に少なくなる。これでは事業が成り立たなくなる。社長は悩みました。

そこで、思い切って、お客様に「自社の弁当宅配システムを利用して頂いている理由」をアンケートすることにしたのです。

さて、どんな結果が出たのでしょうか?
それは、また明日。


いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「店長キラキラ化大作戦」⑫五感を働かせて隅々まで把握する 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/05/30 05:43)

「相手軸な人」⑫言われたことをやっているだけではだめなのよ! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/04/24 05:31)

「相手軸な話」㊺お客様に聴いて思い込みを無くそう(その3) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/04/08 05:56)

「相手軸な話」㊹お客様に聴いて思い込みを無くそう(その2) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/04/07 06:10)

「相手軸な話」㊱相手軸に立って最強メンバーを選ぶ・その1 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/30 06:12)