クリックしたくなるバナー(ボタン)を付けましょう - Web集客・売り上げ向上 - 専門家プロファイル

森 美明
スタジオパス 森美明 ホームページ集客アドバイザー
Webデザイナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:Webマーケティング

小坂 淳
(ウェブ解析士マスター)

閲覧数順 2017年02月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クリックしたくなるバナー(ボタン)を付けましょう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Web集客・売り上げ向上
こんにちは。
ホームページ集客アドバイザーの森です。

僕は仕事柄、いろんなホームページを見ます。

でも僕も多くの人と同じで、
気になるページには留まるし、
気にならないページはスルーして、
すぐに他のサイトへ移動します。

この「気になる」「気にならない」と言う部分が、
僕にとってそのホームページに滞在するかどうか、
次のページも見るかどうかのポイントになっています。

例えば僕が犬を飼っていて
インターネットでペットフードを探すとします。

検索で辿り着いたサイトは当然ペットフードを扱っていて、商品が並んでいます。
でも僕が欲しい商品がすぐに探し出せるとは限りません。

でも、そこに僕が飼っている犬の種類が示してあったらどうでしょう。

『トイプードルの飼い主さんはこちら!』
と言う感じで。

もちろん、犬の種類はたくさんあるし
他の種類の動物向けの商品も扱っているとしたら
それらすべてを対象にする事はできません。

でも、その中で特に売りたい商品があるのなら
その商品を大きく取り上げ、目につくようにしておくとどうでしょう。

当然ですが、トイプードルを飼っている人は
「自分の事だ」という認識を持ってバナーをクリックしてくれる可能性が高くなるはずです。

こんな風に、人がクリックしたいと思う時は
それが「自分の事」であるという認識が働いた時ではないでしょうか?

重要なのは全ての商品を見せる事ではありません。
お客様に「私が勧めたい商品はこれですよ」と確実に伝える事です。

他にも

「父の日特集」「母の日特集」
「子供の日のプレゼント」
「ゴールデンウィークお出かけグッズ特集」

こんな企画をたてて、ページの目立つところに
「ここにありますよ」と伝えるだけで
お客様の滞在時間は簡単に上がります。

あなたが勧めたい商品をもっとわかりやすく
お客様に教えてあげましょう!

このコラムに類似したコラム

スマートフォン対策を急げ!! 森 美明 - Webデザイナー(2013/04/02 12:49)

LINEで相談をいただきました 森 美明 - Webデザイナー(2013/02/16 21:06)

世の中は狭いが日本は広いですね 森 美明 - Webデザイナー(2012/12/06 13:39)

HPで集客が上手くいかない人の特徴って? 森 美明 - Webデザイナー(2012/11/14 11:35)

ホームページなんか必要無いという方へ 森 美明 - Webデザイナー(2012/11/13 10:12)