「配偶者手当」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

小川 真也
小川 真也
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2021年01月22日更新

「配偶者手当」を含む検索結果一覧

40件が該当しました

利用者からのQ&A相談

年末調整について

こんにちは、年末調整についてのご質問です。私 会社員 年収400万円妻 派遣社員 年収300万円本年11月に結婚予定で、近日会社に年末調整を提出予定です。妻は来年3月末で退職します。この場合、妻を扶養にいれるべきかどうか迷っております。年末調整事態の仕組みもあまり詳しくなく、教えて頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

回答者
大間 武
ファイナンシャルプランナー
大間 武

家族手当の男女差別について

フルタイム正社員で働く既婚の女子従業員です。私の勤務する会社では、男性社員には配偶者の所得の制限なしに、結婚している社員全員に配偶者手当が支給されています。扶養子女手当にしても、所得扶養に入っているかの基準もなく子が生まれた時点で家族手当が支給されます。(社規則にも配偶者の所得の制限や世帯主のみとの記載はありません)ところが女子従業員(正社員)にはいずれの場合も不支給なのです。これは労働基準法第4...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

103万の家族手当

今年度、妻の私のパート収入が109万で103万を越えてしまいました。夫の会社は気づいた11月中旬で家族手当を外し、来年1月にまた入れ直すとの事。返還分はないと言うのです。2ヶ月だけ手当てを貰わなければ済むのですか?こんな事ってあるのでしょうか?来年度どうなるか心配です。また所得税、住民税など考慮するとマイナスですか?教えて下さい。

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

結婚する前に配偶者の保険や税金について教えて下さい

現在(10月)、妻(になる予定の女性)は月130,000円くらいの手取りの仕事をしています。来年2~3月に結婚するのですが、結婚に先立ち年内(12月END)で仕事をやめることにしているそうです。もしも、3月1日に結婚した場合、妻が無職(12月に退職)であれば妻は何事もなくすぐに自分の勤めている会社の健康保険に加入できますか??。それと、仕事をやめてから1月1日~2月28日の間は国民保険に加入するこ...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

扶養から外すかどうかとタイミング

よろしくお願い致します。現在、パートで月10万前後で働いています。130万円以内に納めたかったのですが6月に時給が上がったのと来年度の保育園入所に向けて9月から11月まで100時間を超える勤務が必要ということで 今年の年収が130万を数万円超えそうになりました。会社の先輩に相談したところ「2人目を考えているなら妊娠前の今すぐにでもパートから契約社員に変えて産前産後の手当てをもらった方がいい」と聞き...

回答者
ファイナンシャルプランナー

専門家が投稿したコラム

来年から103万円の壁はどうなる?

1.来年から103万円の壁が変わる 専業主婦やパートで働く主婦がいる世帯の税金を減らす「配偶者控除と配偶者特別控除」が来年から見直しされる。 この改正によって103万円の壁はどうなるのか? 配偶者控除は配偶者の年収が103万円以下の場合に適用され、世帯主の所得から38万円が控除される制度だ。 配偶者の年収が103万円を超えた段階で控除がなくなるのは、あまりにも影響が大きい...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

「配偶者手当は廃止か?」の話題に、ブルーになりつつあるあなたへ

こんにちは、石川です。 今日、午後のワイドショーを観ていたら、こんな話題を取り上げていました。 配偶者手当見直し議論 (フジのニュースより) 奥さん方が次々と登場して、「この手当てがないと生活が立ち行きません!」とか「これが無くなると、今後は、家計を見直さないといけません!」みたいなことを訴えていましたが、 「え~、配偶者手当云々ではなくて、当然のこととして、常に家計を見直したら!」とついつい...

石川 智
執筆者
石川 智
ファイナンシャル・プランナー

配偶者手当見直しの動きへ

ファイナンシャルプランナーの大間武です。 2015年11月14日、経団連は企業が専業主婦世帯などに支給している「配偶者手当」の見直しを推進する方針を固めたとの新聞記事が掲載されております。 これは現状の「配偶者手当」の支給要件である配偶者の年収103万円未満、年収130万円未満などを改め配偶者が現状より働いても手取りが減らない仕組みにするよう企業に呼びかけをおこなうものです。 ただ、これらは呼びか...

大間 武
執筆者
大間 武
ファイナンシャルプランナー

扶養家族の「103万円・130万円の壁」って?ー扶養内で働くメリットとデメリット

こんにちは、専門家プロファイル編集部です。 マネー分野で人気なのが「扶養家族に入れますか?」「扶養に入れる範囲内で賢く働くには?」といった質問や、「103万と130万円の壁」といった内容の記事。 今回は、「扶養に入れる範囲内で働きたい」と考える方にとって関心が高いと言えるテーマ、「扶養家族」についてまとめました。   早速ですが、扶養家族についてご存知ですか?扶養家族がいるかいないか...

運営 事務局
執筆者
運営 事務局
編集部

103万円を超えてもお得な場合

主婦A「先生、この前みんながパート収入を103万円以下にする理由を聞いたけど、家計のことを考えるともっとちょっと働いた方がいいと思うんだけど、やっぱり103万円までにしておいた方が税金は得なの?」   先生B「配偶者の場合、配偶者特別控除という制度があるんだ。103万円を超えても141万円を超えなければ、使える制度だよ」   主婦A「141万円までなら、配偶者控除と同じように38万円も引い...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「配偶者手当」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (32件)

  • コラム

    (8件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索