大泉 稔(研究員)- コラム「非常食で非常ベルが鳴ってしまいました」 - 専門家プロファイル

大泉 稔
突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

大泉 稔

オオイズミ ミノル
( 東京都 / 研究員 )
「保険と金融」の相続総合研究所 
Q&A回答への評価:
4.6/44件
サービス:2件
Q&A:79件
コラム:831件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

非常食で非常ベルが鳴ってしまいました

- good

生命保険 生命保険 2017-08-12 00:30

非常食を調理中に、非常ベルが鳴ってしまうという珍事に見舞われました(笑)。

 

いつ襲ってくるか分からない自然災害に備え、非常食を常備していますが、賞味期限が5年でした。

賞味期限が切れたので、試食も兼ね…。

「水で温かいカレーが食べられる」という非常食の調理に取り掛かったところ。

激しく湯気が出ましたが、その湯気に(微量らしいが)水素が混じっているらしく。

湯気がガス漏れ警報器にヒットしてしまい、部屋中の非常ベルが鳴り響きました。

 

非常食の試食は味見だけでなく、スムースに作ることが出来るか否かを確かめる意味もありますね。

今日の試食が、避難所などの、大勢が集う場所でなくて本当に良かったです。

 

ちなみに、ガス漏れ警報器が鳴ったのは、今日が初めてのことです。

まあ、ガス漏れ警報器がキチンと機能することも分かりました。

 

さて、ガス漏れ警報器が鳴り響くのを乗り越えて、調理した非常食のカレーでしたが。

十分に温かい、ご飯も炊き立てなカンじでしたし、カレーも普通に美味しかったですよ。

しかし、カタチある具が無かったのと、スプーンが使いにくかったですね。

 

ちなみに、非常食の試食は未だ続きそうです。

 

 

 

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム