大泉 稔(研究員)- コラム「それでも外貨建て保険って魅力なんですか?」 - 専門家プロファイル

大泉 稔
突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

大泉 稔

オオイズミ ミノル
( 東京都 / 研究員 )
「保険と金融」の相続総合研究所 
Q&A回答への評価:
4.6/44件
サービス:2件
Q&A:79件
コラム:1,083件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

それでも外貨建て保険って魅力なんですか?

- good

生命保険 生命保険 2016-01-05 05:52

昨日の為替レート($/円)は118円台になりました。

ところで、
昨年の11月16日の為替レートは1$=123円72銭でした。
今朝の為替レートは1$=119円44銭です。
つまり、50日の間に3.6%の円高が進んだことになります。
年利に換算すると25.55%もの円高進行です。


いかがでしょうか?
それでも、外貨建て保険は魅力なのでしょうか?

昨年は、「外貨建て保険を契約しようと思うが、意見を聞かせて欲しい」という
お問い合わせを頂くことが増えました。

外貨建て保険は、保険料・解約返戻金・保険金のすべてが外貨($若しくはオーストラリアドル)でなされる生命保険です。

私は、お尋ねを頂いた方に「ナゼ、外貨建て保険なのですか?」と、逆に質問します。
すると、「外貨建て保険の予定利率3.5%が魅力だからです」というお答えを頂きます。

果たして、3.5%の予定利率は、そんなに眩いのでしょうか?
先述の為替レートの変動幅を見ても、外貨建て保険は未だ魅力なのでしょうか?


一時払いの外貨建て保険なら、まあ良いでしょう。

月払いの外貨建て保険なんて、論外です。

ちなみに、月払いの外貨建て保険は「ドルコスト平均法の逆」の作用が働きます。
「定時定量買い」の投資と同じ理屈になるのです。


1000円で2単位が取れるFP継続セミナーはこちらをクリック




プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム