大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「カナダ高校留学「ラングレー学区はいいところですか?」」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,282件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

カナダ高校留学「ラングレー学区はいいところですか?」

- good

留学 大学・高校正規留学 2021-07-16 03:17

一体どこの悪質エージェントがLangley Secondary Schoolなどを紹介したのでしょう。

何も知らずに高校留学の膿の中に入っていく日本人高校生が他にもたくさんいるのではと寒気がします。

 

【質問】 

現在中学3年生で来年からカナダのラングレー学区のlangley secondary schoolへの卒業留学が決まっています。

ここで質問です。ラングレー学区の治安は良いですか?

またLangley secondary schoolからUBC大学などの大学に入れますか?

 

【回答】 

カナダから回答します。

30年以上に渡り、カナダの高校留学事情を観察、SOSに対応して来た経験から多くのコラムにて実態を公開しています。

 

ラングレーは日本人留学生受け入れ学区の中でもワースト1ですね。

特に留学予定の高校の評価は地元でも最悪で、質の悪い日本人高校生をエージェントが送り込む高校となっています、残念ながら。

BC州の高校データを基にしたこのコラムを参考にしてください。

Langley SecondaryはそのLangleyの中でも最低レベルの高校です。

カナダ高校留学- 留学先高校は驚愕の低レベル(日本で言えばFランク)

 

Langley学区最低のレベルであるこの高校の数字から明確に見えて来ましたか? 留学生のUBCなどへの進学はまず不可能だと思います。

満点10評価のうちLangley Secondaryはたった2.8。

州試験(卒業に必須)の落第率19.8%。

試験を受けた留学生の率2.8%という数字から読めるのは、たくさんいる留学生のほんの一握りしか卒業に必要な州試験を受けていないこと。

留学生は試験を受けるレベルまで届いていない結果だと推察出来ます。

また、2016年には評価が3.8だったのが、2019年には2.8に落ちていることも注目して下さい。

学校環境が悪くなっているようです。

 

カナダ高校留学全般についての実態は「カナダ高校留学の実態2019年総集編」をお読み下さい。

ラングレーの醜い実情もかなりの情報を載せています。

 

エージェントの言うことをそのまま間に受けて大切な高校教育を台無しにしないよう再考することをお勧めします。

また、3年後に卒業出来、UBCに届くためには今現在までの日本の成績がトップレベルであること。英語運用能力(クリティカルシンキング・エッセイスキル)がカナダのGrade10と同等レベルであることが必須です。

そこまでの能力をお持ちでしたら、不必要なエージェントなど使わず、正式な高校留学方法をアドバイス致しますので、直接ご連絡下さい。

 

Watch out!

__________________

「カナダ大学正式留学」eBook 

Pandemic禍の留学Support Group   Canada Club

「カナダ高校留学実態総集編」eBook 

「カナダ高校留学アセスメント」テスト

カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 

わかりやすいクリティカルシンキング講座

「クリティカルシンキングがわかる」eBook

Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真