大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「カナダ高校留学 - どの地区がベスト/ワーストかのリサーチ開始」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:5件
Q&A:113件
コラム:817件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

カナダ高校留学 - どの地区がベスト/ワーストかのリサーチ開始

- good

留学 大学・高校正規留学 2019-01-15 10:31

日本人を受け入れているカナダのSchool Districtの調査を開始しました。

結果は、客観的なチャートにして報告予定です。

 

カナダに高校留学してくる日本人高校生。

楽しい高校生活と、英語力の飛躍的な向上を目指して、エージェントの勧める地区に意気揚々とやってくる日本の子供たち。

それを受け入れるカナダ中のSchool Districts(教育委員会)。

 

カナダに来たのはいいけれど話しが違う。

ELL, ESLから抜け出せない。

卒業までの道のりがわからない。

いや、卒業出来ない。

4年も5年もかかるかも。

 

ホームステイってこんなもん?

日本で夢見ていたのと違う。

どこまで我慢しなくちゃいけないのかな。

 

カナダの友達がいっぱいできて!との夢はあっという間に消えて。

ひとりぼっちで、毎日学校とホストの行き帰りだけ。

 

なんてことに、どうしてなってしまったのでしょうね。

 

頑張る日本の子供たちと。

子供のことを一番に考えるお母さん・お父さんたちと。

善意で公立高校受入を始めたカナダと。

 

なぜ、高校留学がここまで醜い「嘘」の影に隠れてしまったのか。

 

留学ビジネスに走るエージェントだけの責任は、もちろん、重大です。

が。

それだけかな?

受入School Districtは、この現状を一体どう考えているのか。

 

その謎を解くためにたくさんのSchool Districtsに質問メールを出しました。

その結果を、まもなく報告予定です。

あっという間に返信が来た地区。

えらそうな返信が来た地区。

完全無視の地区。

色々あります。

 

それらも含め、報告します。

 

「カナダに高校留学したい。 どの地区がベストですか?」の質問に体系的にお答えするための、ひとつの手段と考えています。

参考にしていただければ幸いです。

大切な子供さんの、大切な人生の一時期を過ごす留学先。

賢明に賢明に選択して下さい。

 

 

 

カテゴリ 「留学」のコラム

カナダ大学への奨学金(2019/07/13 04:07)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 カナダ高校留学相談(留学前・留学中)

カナダの高校への留学について、カナダ現地よりカウンセリング致します

料金
10,000円

カナダならではの柔軟な教育制度への留学へのご相談。 留学前、留学中のご相談可能。 30年に届く留学生支援をカナダ現地から行ってきた経験を基に、大澤眞知子が直接お話させていただきます。  SkypeまたはGoogle Hangoutを利用。

カナダ高校留学相談(留学前・留学中)
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム