大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「「カナダ高校留学」Case Study - 無料eBookを読んだ方から」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:6件
Q&A:113件
コラム:696件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

「カナダ高校留学」Case Study - 無料eBookを読んだ方から

- good

留学 大学・高校正規留学 2018-06-26 03:56

 「カナダ高校留学の実態」eBook をたくさんの方にダウンロードしていただいています。

日本とは全く異なる教育制度を知ること。

そこから「成功する留学」は始まります。

十分な知識なし、エージェントのお仕着せ夢物語で留学してしまい「こんなはずではなかった。。」とカナダで困り果てている日本人高校生、そして日本からハラハラしながら見守っている親たちへの情報として、活用していただければ幸いです。

また、これからカナダに高校留学する方へ。
実態を知ることから始めて下さい。


無料ダウンロード版を提供し始めて2週間。

実に様々なご相談をいただきました。

相談に躊躇している方を含め、多くの方のお役に立つと思いますので、2〜3ご紹介したいと思います。

(個人を特定する情報は載せておりませんので、多少曖昧なところはご容赦下さい。 また、いただいた貴重な個人情報を守るために、多少変更も加え一般的な内容にしてあります。)

 

Case 1:

 

高校2年の春にカナダに。

日本で取った高校の単位が認められ、2年あれば十分卒業出来るとのエージェントの言葉を信じ、BC州の大きなスクールボード管轄下に留学。

4月からは、日本人・韓国人・中国人でいっぱいの語学コースにまとめられ英語の勉強を7月まで。

レベルが異常に低いこと(まるで幼児の英語教室並)やる気のない留学生が多いこと、母国語を話す学生同士が固まり、グループを作り母国語ばかり話している、国が違う学生は仲が悪い、などなど、役に立ったコースとは思えない。

 

ホームステイ先は、移民家庭ではなく白人のシングルマザー+子供が二人。

マザーは働いていないのでおそらく留学生の払うホームステイ費がその家族の生活費の大きな部分。

食事はピザやハンバーガーなどのファーストフード。

家も汚い。

毎日がキツイ。

 

9月からは留学生たちは地域のセカンダリースクールに振り分けられた。

どこの高校に行くかの希望は聞いてもらえなかった。 すべてスクールボードが勝手に決めた。取ったコースはPE, Visual Artなどほとんど英語のいらない授業と、英語レベルの低い留学生用のESL。

4月から4ヶ月も学費を払って英語の勉強をしたのに「レベルが届いてない」と先生が決めたことが理由で、主要課目は取らせてもらえなかった。

Science10には入ったが、授業のペースについていけず、最終試験で落第。

(日本の高校の理科の単位は認められなかった。 音楽とか体育とかのみ。)

 

1年経った今でもEnglish10には入れていない。

ESLはの先生によると、宿題のエッセイの質がまだEnglishに届かないとか。

交渉しても聞いてもらえなかった。

 

日本で同級生はすでに高校3年生。 大学受験に向けての忙しい夏休みに入ろうとしている。

自分はカナダでまだ高校1年生レベルのEnglishも取らせてもらえない状態。

仮に授業に入ったとしても、宿題さえ出来る自信がない。

この先English10, 11, 12などどうして取っていけるか不安。

卒業がいつになるかの見込みも立たない。

帰国して高校の2,3年をやり直した方がいいような気がするけど、英語に疎い親は「頑張って英語がしゃべれるようになれ」と言う。

 

助けて下さい。

 

 

Case 2:

 

日本の中学で不登校になった。 自分のせいではなく学校と教師のせい。

親も自分を守ってくれた。

環境を変えればいいとの親の勧めと、通っていた塾の勧めで留学。

 

BC州の大規模な留学生プログラムに留学。

たくさんある高校のひとつに送られた。 自分では選択出来なかった。

最初の1年は、ずっとひとりぼっちで友達も出来ず、さびしかった。

授業は留学生用の英語クラスESLの一番下のレベルから。

中学の英語はまるっきり理解していないので、相当苦労した。

先生の評価はいつも「おとなしすぎる。 英語の力がない。」

 

精神的に追い詰められ、1年経ったあと日本に帰りたかったが、親の反対でカナダに留まった。理由はわからないが、2年目はホストも学校も変わらされた。

ホストとはコミュニケーションはほとんどない。

自分が英語が出来ないのが理由と思うが、ホストも別に食事さえ出しておけばいいんだろうという態度。

つるんでいるのは、日本から来た留学生仲間。

 

BC州のこの町は治安が悪い。 ギャングもいるし、犯罪も多い。

日本人への差別もある。

言い返せないのが悔しい。

 

2年目もESLのみ。

かろうじて入ったComputer のコースでも先生の指示がよくわからず成績はC。

3年目に入ってもEnglishなどには全く届かず。

Social Studies10, Science10も習っていることについていけないので、落第か、成績はC-。

 

こんなじゃ、卒業はここから3年以上かかる。

もっと困ったことは、19歳になると高校にはおいてもらえない。

カナダの高卒資格を取るためには、大人用の高校プログラムのあるどっかに移れと言われた。

 

未だに日本の親は、カナダにいるんだから英語くらいすぐに出来るだろう?!と思い込んでいる。

何度説明しても、3年経ったら自動的に卒業して日本で進学出来ると思い込んでいる。

 

もう疲れた。

 

 

Case 3:

 

カナダ高校留学して3年目。

卒業は簡単ですよというエージェントの言葉で留学。

日本の高校が嫌だったのと、たまたま修学旅行で訪れ経験したカナダの高校に魅力を感じたから。

 

ESLも卒業の単位になると聞いたのに、2年目の終わりにそうではないことを知った。

まだ、ESLの一番上のレベルから出れていない。

カウンセラーに掛け合っても「先生が決めたことだから」と聞いてもらえない。

いずれにしても、19歳になると高校は追い出されるので、学校の勧めで大規模な「大人用高校卒業コース」のあるカレッジに移った。

 

カナダの制度がよくわかってないので、高校で一体何を何単位取ったのか、このカレッジで何を何単位取っているかもよくわかっていない。

卒業に何が必要かも知らない。

 

エージェントの選んだ高校が悪かったと思うし、その学校が勧めたカレッジもよくなかったと思い、現在他の学校を探し中。

 

どこに移ったら卒業出来ますか?

___________________________________

 

迷える日本の若者。

心が痛いです。

 

外国の制度を甘く見たツケといえばそれまでですが、それよりも、これからどんな選択肢があるのか、また、その選択肢を使う価値があるのかなど、リードして行くことが必須だと感じています。

日本の親たちにもよ〜くカナダの制度を理解してほしいです。 
それが大事な子供を守る最善の方法です。

 

残酷なようですが、上記3件のCaseは、どれも「今からでも遅くないから日本に戻りやり直すこと」がベストオプションのようです。

親の働いた大切なお金を、無駄にカナダに注ぎ込むより、もっと現実的に問題解決に向かう方法も必要ですね。

 

さて、このカナダで私に何が出来るか。

留学生の立場で一緒に考えて行こうと思っています。

(English10,11などで良い成績が取れるよう助けている留学生も、もちろんいます。 「頑張れ!」と応援しながら。)

 

「カナダ高校留学の現実」eBook 無料ダウンロードはこちらから

 

 

 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム