川井 太郎(整体師/あん摩マッサージ指圧師)- コラム「腰椎椎間板ヘルニア(20代から50代に多い腰痛)」 - 専門家プロファイル

川井 太郎
身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

川井 太郎

カワイ タロウ
( 東京都 / 整体師/あん摩マッサージ指圧師 )
川井筋系帯療法治療センター 院長
Q&A回答への評価:
4.5/106件
サービス:0件
Q&A:374件
コラム:206件
写真:3件
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

腰椎椎間板ヘルニア(20代から50代に多い腰痛)

- good

プロが教える腰痛改善法 2015-11-05 09:04

腰椎椎間板ヘルニア

前屈で痛みが生じ、若い世代に多いとされる症状

 


背骨の間にある軟骨が押し出され、脚に痛みやしびれを発症

 

椎間板ヘルニア」とは、

背骨の間にある軟骨の椎間板が本来の部位から押し出た状態(ヘルニア)に

なっていることをいいます

押し出された椎間板が脊柱管から出る神経の根元(神経根)を圧迫すると、

腰椎部の激痛や脚への痛み、しびれが生じてきます。

20代という若い世代から50代前半に多いとされる腰痛です。

長時間、同じ姿勢(立つ、座る、歩くなど)でいること、立って前屈みになる、腰をねじる、など

ヘルニア部分に負担がかかると、痛みやしびれが出やすくなります。

 

高齢者に多い「脊柱管狭窄症」は、腰椎の後ろにある脊柱管自体が狭くなり神経が圧迫されて起こりますが、

「椎間板ヘルニア」は脊柱管から出た左右どちらかの神経根を圧迫するところに違いがあります。

そのため、椎間板ヘルニアの場合、脚の痛みやしびれは、

通常左右どちらか片方の前面や外側に出ます。

 

また、「脊柱管狭窄症」は前屈みで腰を丸めると、脊柱管の圧迫がゆるみ、痛みが軽減することも、

「椎間板ヘルニア」と見分けるポイントとなります。

ただ、場合によっては「椎間板ヘルニア」と「脊柱管狭窄症」が混合した状態の場合もあり、

医師によって診断名が分かれることもあります。

 

もっとも、「脊柱管狭窄症」の場合と同じように、

ヘルニアがあるからといって、直ちに症状が出るわけではなく、今の症状の原因は他にある

こともよくあります。

たとえば「椎間板ヘルニア」と診断されても、腰椎部に痛みがない、

脚の痛みやしびれが前や外側ではなく後ろ側にでるような場合には、

「腰部筋肉痛」「仙腸関節痛」「梨状筋症候群」など他の腰痛原因がある可能があります。

 

なぜ腰部の椎間板がヘルニアを起こすのかといえば、

やはり日常生活での姿勢の悪さや腰に負担のかかる不自然な動作などにより、

土台である骨盤が傾斜し、腰椎部に過度の負担がかかるようになっているためです。

 

特に左右どちらかの骨盤が押し上がった状態になっていると、

押し上がっている側の腰椎間隔は狭くなって負担がかかり、そこで椎間板が押し出されるのです。

 

 

【症 例】「体のゆがみ」が大きくなって椎間板ヘルニアを発症!

 

腰椎椎間板ヘルニア」と病院で診断されて、当院に来た40代の男性。

問診をすると、立っているときも、座っているときも腰の右側と、右脚の外側に痛みがあり、

「夜も痛みで熟睡することができない」とおっしゃいました。

「モアレ写真」で確認したところ、右の骨盤が押し上がり、痛みのために真っ直ぐ立つことができず、

体を左側に傾けて痛みを逃がすようにしているのがわかりました。

日常生活の状況などを詳しく聞くと、

趣味でランニングを続けていて、フルマラソンにも何度も出場したことがあるスポーツマンでした。

ただ、これまでに何度もぎっくり腰を経験していて、今回は仕事が忙しい中、

次のマラソン大会に向けて練習量を増やしてきたところ、突然、ひどい痛みになってきたそうです。

「ぎっくり腰を何度もやった」ということなので、これまでも骨盤の傾斜など体のゆがみがあったのでしょう。

そして今回は、さらに疲労と無理を重ねたため、より骨盤が押し上がり、

ヘルニアによる痛みを発症してしまったのです。

 

そこで当院では、股関節、骨盤、腰椎のインナーマッスルをゆるめて骨盤の押し上げを正常な位置に戻す

とともに、歩行やランニングでの腰への衝撃を少なくするため足首やひざ関節の調整も行いました。

仕事が忙しく、通院もままならぬ状況でしたが、自宅で『骨盤ゆらゆら体操®』を毎日やって、

骨盤を整えるようしていただきました。

その甲斐あって、1か月後には全体的な痛みが軽減。さらにその三カ月後にはなんと、

100kmマラソンに出場して、無事完走できたということです。

今も『骨盤ゆらゆら体操®』を続け、元気に走っています。

 

以上、拙著【腰痛が治るのはどっち?】(学研パブリッシング/刊) より

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

椎間板ヘルニアをはじめ、腰や脚の痛み、しびれに悩まないように早めに改善しましょう!

 

椎間板ヘルニアをはじめ、慢性腰痛に悩む方から、

病院で診断を受けた方、手術をしたのに痛みがなくならないという方まで、

腰痛に悩むあらゆる方に知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!

新刊JP「腰痛が治るのはどっち?」

 

腰痛患者延べ5万人を救ったカリスマが教える

正しい腰痛の治し方

全国有名書店で大好評発売中!

「腰痛が治るのはどっち?」 (学研パブリッシング)

~読むだけで、つらい腰痛が改善~

Amazon「腰痛が治るのはどっち?」


  

「骨盤ゆらゆら体操®」や川井筋系治療法について

詳しく知りたい方は、こちらをお読みくださいね!

  

「骨盤ゆらゆら体操®」のオリジナル完全版です!

自宅で超簡単!寝ころがって寝起きや寝る前にやるだけで、

腰痛や股関節痛、足のしびれが消えていく!

 

腰痛体操ならまずはこれ!「骨盤ゆらゆら体操®」

Amazon 腰痛・股関節痛・足のしびれが消える「骨盤ゆらし」

川井筋系帯療法治療センター

院長 川井太郎 著

全国有名書店にて好評発売中!

  

寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」DVD 

Amazonにて販売開始!

 

脊柱管狭窄症・腰椎ヘルニア・仙腸関節痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰 に効果あり!

  

 

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
体にやさしい骨盤ゆらゆら整体! 川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京(渋谷) 横 浜 船 橋 大 宮 名古屋 札幌

 

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真