外国人のアルバイト雇用 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外国人のアルバイト雇用

法人・ビジネス 独立開業 2006/10/29 21:30

中華料理店を開きます。
従業員の候補として、短期的に安価な労働力として外国人留学生のアルバイトの雇用を考えており、ある日本語学校の紹介で何人か採用できそうなのですが、ビザの問題等何か手続きがいるでしょうか?

蘭亭さん ( 東京都 / 男性 / 29歳 )

回答:1件

後藤 義弘

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

「在留資格」を確認しましょう

2006/10/30 00:05 詳細リンク

蘭亭さん、こんにちは

まず、その外国人留学生の在留資格を「外国人登録証明書」や「パスポート(上陸許可)」などでチェックする必要があります。 おそらく日本語学校の紹介ということであれば語学習得目的で滞在している留学生ということで、入管法で定められている在留資格27項目のうちの「就学」か「留学」の可能性が高いのではないでしょうか。
これらの在留資格では原則就労は認められていませんが、地方入国管理局で資格外活動の「許可」をとることで

「就労」の場合は1日4時間
「留学」の場合は週28時間

を限度に就労が認められます。
こうした手続きをふまなかったり、あるいは在留資格のない外国人を雇うなどすると「不法就労助長罪」で処罰を受けることとなるので注意が必要です。

あと、安価な労働力とありますが、たとえ外国人留学生であっても、日本で就労する以上は原則労働基準法等の労働関連法規がほぼ全面適用となります。
したがって、お給料についても、最低賃金法で定められた額以上の給料を支払わなければならないことに留意が必要です。

http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/minimum/minimum-02.htm
(↑地域別の最低賃金)


*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' / http://www.ysp-sharoshi.jp

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

2つの専門職で独立開業は可能か hannah.mさん  2014-03-08 21:48 回答1件
開業について cuireさん  2016-05-30 03:33 回答1件
外国人夫と夫婦での個人事業起業について akitakomachiさん  2012-06-29 05:58 回答1件
タックスナンバーについて Voltさん  2011-05-02 23:01 回答1件
海外在住者のネットショップ起業に関して londonさん  2010-10-23 05:09 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

コンサルティング・アドバイザリー (Bタイプ)

弊社からご案内を差し上げたお客様限定

中沢 努

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー

中沢 努

(コンサルタント・研修講師・講演講師)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

メール相談 御社の求人広告を診断、添削いたします
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)