扶養家族として保険の移行 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養家族として保険の移行

マネー 年金・社会保険 2012/10/29 12:01

現在妊娠中で今は働いていますが体調を崩したため
現在の職場を早くて11月頭、遅くても11月中には退職することになりました。
(今すぐにでも辞めたいのですが後任が見つかるまではやるように言われています)
現在の職場は10月からなので1月ほどしか働いていません。
主人は会社の社会保険に入っているのですが今年は私の年収により、
主人の扶養家族に入らない方がいいとは思うのですが
今後2,3年は働くつもりはないのでどこかのタイミングで扶養家族に入りたいと考えています。
退職後は国保に入るとして、どのタイミングで主人の扶養家族に入れてもらって同じ社会保険を受けるのが得なのでしょうか?
ちなみに3月に出産予定で里帰りするため1月半ばには県外に帰省する予定です。
帰省している間に移行するなどした時の手続きについても伺えればと思います。

h_k_leicoさん ( 東京都 / 女性 / 28歳 )

回答:1件


ファイナンシャルプランナー

- good

可能ならなるべく早く入ったほうがいいですよ。

2012/10/29 17:22 詳細リンク

h_k_leicoさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

退職後、働かないで失業給付の予定もなければ、普通は扶養に入れます。
ご主人の会社に問い合わせてもらいましょう。
可能ならなるべく早く入ったほうがいいですね。

離職票などの書類が必要となりますから、それも確認しておきましょう。

健康保険組合の場合、まれに過去の収入(130万円)を問われることもあります。
その場合はいつから入れるのか聞いてみるとよいでしょう。
(収入に関してはそれぞれの健保に任されている部分です。)

>今年は扶養家族に入らないほうがいいとは思うのですが・・・
ということはないですよ。
入れるなら、なるべく早く入ったほうがお得です。

税制上の扶養に関しては1~12月の収入が103万円以内でしたら、ご主人の年末調整で配偶者控除を受けられます。
それを超えていても141万円までなら配偶者特別控除を受けられます。

お子さんのお誕生待ち遠しいですね。
お大事になさってください。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

退職
健康保険

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養になる際の手続き等について教えてください くまこ5さん  2007-09-07 16:12 回答2件
失業保険の給付中の扶養の定義 あんじゅママさん  2008-04-19 08:41 回答1件
税金全般について RANKOさん  2012-12-09 12:10 回答1件
世帯分離について教えて下さい 梓さん  2010-06-12 11:07 回答2件
扶養について 凛♪さん  2009-02-01 14:30 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)