ハワイで住宅ローン - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

岡村智恵美
ハワイ州公認不動産販売員
不動産コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ハワイで住宅ローン

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
ハワイ不動産 購入に際して

ハワイで住宅ローンを組む

「日本人でもハワイで住宅ローンを借れますか?」というご質問があります。

 「はい、条件をクリアーできれば日本人でもハワイで住宅ローンを組むことができます。」

 「資産があるのですが、ローンはどれくらい借れますか?」。

 残念ながら、アメリカも日本のローンと同様、キャッシュフローがなく、資産だけでローンを組むことはできません。基本的には、ハワイでローンを組むのも日本国内でローンを組むのも、「条件はほぼ同じ」と思ってください。

まず大事な3つの要素は、「収入、負債、そして資産」です。

しかし、資産があっても、キャッシュフローがない場合、ローンを組むのは難しいです。

また、収入、負債額、毎月の返済額の割合が重視されます。 

非居住者の日本人がローンを組んでアメリカの不動産を購入するときに必要な提出書類は、

1:給料所得の場合:最近2年分の源泉徴収票と最近2ヶ月分の給料明細
2:確定申告の場合:最近の2年分の確定申告、青色申告などすべて
3:個人事業経営の場合:上記プラス最近2年分の決算報告書と損益計算書
4:会社経営の場合:25%以上の株も持っている場合
  上記プラス最近2年分の法人確定申告書と決算報告書、今年の損益計算書
5:残高証明書
6:信用状2通(ご利用のクレジット会社より)
7:身分証明書のコピー(運転免許書、パスポート)

そして流動資産を証明するための残高証明、金融会社からの信用状、そして今ある住宅ローンなどの支払い明細書などもあれば提出して下さい。

ローンを組むのに掛る費用

オリジネーション・コストという費用が借入額に対して1%から2%掛ります。それに、審査、不動産鑑定費用などで、約$2,000です。
このローン費用とは別に、エスクロー費用、権原調査費用、そして固定資産税、火災保険代など事前に支払う「クロージングコスト」が約1%掛ります。

毎月の返済額

勿論、借入額によりますが、例えば、5%の利息で$100,000を借入し、元利均等法で30年の償還で計算した場合、$537です。 $500,000を借りるときは、単純にこの$537を5倍にして下さい。(これを覚えておくと簡単に概算が出来ます。)

その他、コンドテルなどのように、ホテル形式の物件で、フルサイズの台所(バーナーが4つ)がついていない物件は、今はローンが組めなくなりました。勿論、物件の状態が悪いもの、訴訟が起こっている建物はローンの借入が難しいとお考えください。

 

このコラムに類似したコラム

フラット35の金利下がる 2カ月連続 山本 光浩 - 宅地建物取引主任者(2012/11/08 13:07)

住宅ローンの頭金の重要性について 田中 恵利子 - 不動産鑑定士(2012/08/03 09:00)

住宅ローンや借入金返済にお困りの方の相談窓口です。 伊藤 光記 - 不動産コンサルタント(2011/09/28 17:21)

任意売却の相談場所 山田 大史 - 代表サポーター(2016/10/18 08:31)