投資信託を始めるタイミング - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

税理士法人 洛 代表
京都府
税理士
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

投資信託を始めるタイミング

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
投資信託を活用した資産運用
投資信託を始めようとすると、少しでも安いときに買いたいという気持ちが起こりますよね。少しでもよいタイミングで買って大きな利益をとりたいと思うのは当然のことです。でも、そのタイミングをはかりながらなかなかスタートをきれないということも・・・。

では、”そのタイミング”は? マーケットはさまざまな要因で常に変動しており、相場がいつ上昇するか、下落するかを予測してそのタイミングをつかむのはなかなか困難です。

でも、長期の投資を考えた場合には、このようなスタートのタイミングはそれほど大きな問題にはなりません。
長期の投資でよく使われる方法に「ドル・コスト平均法」があります。定期的に一定額で特定のファンドを買い付ける方法で特に長期の投資には効果的といえます。
この「ドル・コスト平均法」を使えば、価格が高いときには少なく、安いときには多くの口数を買付けることによって、結果的には1口当たりの平均単価を引き下げる効果が期待できます。すなわち、投資するタイミングを分散して一時に高い価格で買ってしまうリスクを低くするのです。
一時に購入するときには、いつ買うか、ということに神経を使いますが、「ドル・コスト平均法」を利用すれば「いつ」ということはあまり気にしないで投資のスタートをきることが出来ます。始めようと思ったときにすぐ始めれば良いのです。

 また、この方法は価格変動のリスクをコントロールすることはもちろんですが、投資信託を購入した人の心理をコントロールするというメリットもあります。
 先月購入した投資信託の価格が下がったからと悔しがったり、来月はもっと下がってしまうのではと恐れたりするのではなく、「安いときにはたくさん買えている。保有口数が増えれば、今後少しでも値上がりすれば利益は大きくなる」と思えばいいのですから、投資初心者にはお勧めです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「投資信託を活用した資産運用」のコラム