特許取得の耐震グッズ - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特許取得の耐震グッズ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●免震構造住宅 ☆免震構造

地震対策に建設業界だけでなく、対策が急務だとしてさまざまな耐震グッズが販売されています。
タンスの下に敷くマットや転倒防止用の金物から、建物の工法に至るまで様々です。私のところにもよく飛び込み営業に来られます。「弊社の製品は特許申請中の画期的な装置で云々・・・」多くの営業マンから聞く特許申請中と云う言葉。特許を取っていれば本当に信頼出来るのでしょうか?

カタログを見ていますと、仰々しく特許申請中と書かれてあります。営業マンも売り込み材料に使用しています。でも特許が安全性と何の関係があるのでしょうか?
そもそも特許は、個人や企業の独自のアイデアを保護する為の法律です。「私がこう云う物を考案しました。独創性があり、他に類似品はありません」と云う申請をすれば、その効果のほどは全く問われる事なく特許申請中となります。個人や企業の権利を守る法律ですので、特許を取得したからと云って耐震性に優れているとは限りません。何某かの理由があって特許申請するのでしょうから、害にはならないにしても掛けた費用ほど効果のあるものなのかどうか全く判りません。

建物の工法に関して云えば、法律で定められている以外の造り方をする時は「大臣認定」を取得する事が義務付けされます。例えば免震装置がそうです。免震装置は基礎と土台をアンカーボルトで緊結する事を義務化している建築基準法に逆らって、基礎と土台を切り離しているのですから、「大臣認定」が必要となります。「大臣認定」を取得しようと思えば、ここまで必要かと思う程の過酷な試験を繰り返し、その装置の限界と条件を定め、その範囲の中で使用が初めて許されるのです。ですから、大臣認定取得の装置であれば、その条件を守る限り安心して使用できますが、特許だけでは安全に対する何の証明にもなりません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●免震構造住宅」のコラム

免震住宅をこの価格で!!(2012/02/07 08:02)

免震構造 3(2007/07/02 00:07)

免震構造 2(2007/07/01 22:07)

免震構造 1(2007/07/01 01:07)

このコラムに類似したコラム

本当に久しぶりの更新になってしまいました。耐震改修に取り組んでいます 木下 泰徳 - アップライフデザイナー(2016/10/01 15:02)

東京都耐震化アドバイザーの講習会に参加しました 栗原 守 - 建築家(2016/07/29 16:54)

強い家造り  17 中舎 重之 - 建築家(2014/08/18 10:49)

強い家造り  19 中舎 重之 - 建築家(2014/08/18 10:41)