1人あたりのGDPから見るアセアン各国への投資尺度 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1人あたりのGDPから見るアセアン各国への投資尺度

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
知らないと損するかも…のお話し

ファイナンシャルプランナーが天職!
BYSプランニングの釜口です。


今回のメルマガは、1人あたりのGDPから見るアセアン各国への
投資尺度について私なりの考えをお伝えいたします。

アジアの経済発展は高度成長期以降の日本と似通ってきています。

1人あたりの国内総生産(GDP)が、1960年代の日本の高度成長期と近いのが、
ミャンマー、カンボジア、ベトナム、インド、フィリピンetc

ミャンマー:742ドル⇒日本の1963年
カンボジア:814ドル⇒日本の1964年
ベトナム:1,173ドル⇒日本の1966年
インド:1,370ドル⇒日本の1967年
フィリピン:2,123ドル⇒日本の1969年

これらの国ではインフラ投融資が活発であり、高速道路、鉄道などの
開通などの大型事業が目白押し。

日本の大手金融機関もプロジェクトへの直接融資だけではなく、
リース会社などを通じた間接融資にも積極的に動いている。


石油危機~安定成長期に入る1970年代の日本と近いのが、
インドネシア、タイ、マレーシアetc

インドネシア:2,974ドル⇒日本の1972年
タイ:4,992ドル⇒日本の1976年
マレーシア:8,423ドル⇒日本の1978年

旺盛な国内需要にささえられ、成長著しいこれらの国では、
白物家電、自家用車などの需要が上昇し、日本の金融機関も、
これらの購入資金を貸し出す販売金融を拡大している状況である。

2020年に向けて、完全に「人口ボーナス期」に突入するアセアン各国。
1人あたりのGDPから考えても、アセアン各国への投資は、
ポートフォリオからはずせない状況にきていると感じざるを得ません。
※人口ボーナス期とは、「働き手(15歳~64歳)が養われる人々
(14歳以下、65歳以上)の2倍以上ある期間」をさす。

それはそうと、1960年~1980年にかけての日本の経済成長率は
すごかったんだと再確認しました。





ご質問やご不明な点がありましたら、
お気軽にご連絡下さい。
   メール:waku@bys-planning.com
     Tel:06-4305-4425

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「知らないと損するかも…のお話し」のコラム

このコラムに類似したコラム

ベトナムに一週間行ってきました 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/10/30 11:18)

【JIJICOに寄稿】日銀追加緩和で日本経済はどうなる?バブル再びになりつつあるのか? 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/22 15:42)

資産運用で成功する人と失敗する人の大きな違いとは 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/12 21:18)

【現地視察レポート】ベトナム・ホーチミンの今 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/17 07:00)

リターンだけでなく、運用スタイルの違いから投資信託を選ぶ 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/14 17:37)