家づくりのコストを抑える、35の方法 (2) - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 代表 一級建築士 環境デザイナー
東京都
建築家
03-5948-9673
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家づくりのコストを抑える、35の方法 (2)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
「住宅密集地」「狭小住宅」の家づくり 費用(コスト)

住宅設計の為に、取り纏める機会が出来たので、一度整理してみました。

「家づくりのコストを抑える、35の方法」  の 続きです。

建具

20) サッシ汎用品の使用。
21) 引戸 > 開き戸
22
) 建具の数を少なくする。(木建・サッシ共)
   (収納・クローゼットの扉などは、ロールスクリーンを検討)

材料工事

23) 工種を減らす。
24) 極力同じ素材、同じ色を使用する。

家具・什器・機器

25) 家具工事を避け、大工工事とする。
   (箱を大工工事で作り、扉は建具工事で取り付ける。)
26) 支給品を増やす。(ネット利用・搬入時期を検討)
    洗面台・洗面器・水洗・ミラー・ポスト・ペンダントライト・キッチン
27) キッチン・ユニットバス等は華美なものを避ける。


断熱・空調・設備

28) 外断熱 > 普通断熱(但し、サッシはペアガラスとする。)
29) 床暖房  ガス > 電気  
       (また、暖房パネルは必要な最小限な大きさとする。)
30) エアコンは施主工事とする。(マルチの場合は支給品とする。)
31) お風呂等の水廻りは極力、1Fとする。
32) 排水管(特に縦管)は集約し、長さを短くする。
33) 長期優良住宅等、性能規定は再検討する。
34) 過剰な設備の再検討。
35) エコ関連は、コスト効率を検証する。

株式会社 小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 代表 一級建築士 環境デザイナー

あなたの「ライフスタイル」を大切にした「光と風、素材」の家

「光と風、素材」を大切にした心地よい住まいづくりをしています。「あなたらしい」世界に一つだけの家を一緒につくりませんか。住む方のライフスタイルを大切に形にしていきながら、光と風を取り入れた住まいの設計をしています。

03-5948-9673
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「「住宅密集地」「狭小住宅」の家づくり」のコラム

住宅資金の話(2012/10/10 14:10)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 「住宅密集地・狭小敷地」の住まいづくり、相談

狭小敷地で、豊かなスペースと居心地の良い住まい!

料金
無料

暗くなりがちな、住宅密集地。
小さなスペースしか、確保出来ない狭小敷地。
そんな敷地で、最大限床面積を確保し、光あふれ風が通る、
快適で豊かな空間が確保出来る、家づくりの仕方を、お伝えします。

「住宅密集地・狭小敷地」の住まいづくり、相談

このコラムに類似したコラム

これがほんとの「かもめ食堂」! 浜田 肇一 - 工務店(2013/05/05 09:59)

桜を建材としてみるとどんな感じ? 青沼 理 - 建築家(2013/03/28 10:08)

目黒Yの取材がありました。 一條 美賀 - 建築家(2012/11/05 15:12)

メラミン化粧板の天板 松永 隆文 - 建築家(2012/09/12 09:23)

対面キッチン モザイクタイルの腰壁 志田 茂 - 建築家(2012/09/07 10:00)