殿様商売 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

殿様商売

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

「大手不動産業者と地場の不動産業者、

結局のところどっちが良いの?」


いろんなところで比較なんかされたりしてますが、

これって永遠のテーマですね。


みもふたもないですが、

結論から言うと、


「担当者によってまったく違う」


というところでしょうか。


大手仲介業者の悪口は、

色々なところで目にし耳にします。


・自社のことしか考えてない

囲い込みが日常的に行われている

・契約をまとめてしまったらこっちのもの


などなど。

大手不動産業者で仕事を覚えた私にとって、

こうした噂(事実?)を完全に否定は出来ません。


「じゃあ地場の不動産業者は大手と比べて素晴らしいのか?」


と言われるとそんなことありません。

仕事の取り組み方や進め方、

知識レベルを目の当たりにして


「これは酷いな~」


と思ったことが何度もあります。


地元の不動産業者とのエピソードと言えば、

昔こんなことがありました。


相続が発生したため、

駐車場を売却しなくてはならなくなった地主さんから相談がありました。


その人には先代(その人のお父さん)から付き合いのある、

地元の不動産業者がいましたが、

億を超える大きな取引になることだし、

やはり一度は大手に相談してみようということで、

査定の依頼がありました。


このあたり大手業者の巨大な看板と、

担当者がどうしようもないボンクラでも、

それなりに見えてしまう「ブランドの力」というのは侮れません。


100坪を超える大きな土地なので、

一般のお客さんが手を出せる代物ではありません。

査定を行いつつ、

事業用の土地として検討してくれそうな、

法人のお客さんに物件をご紹介しました。

結果、地主さんも納得のかなり良い金額で買付が入りました。


あとはトントン拍子で契約まで進むもの・・・

と私もその地主さんも考えていたのですが、

ここで思わぬ障害が持ち上がりました。

その障害とは?

そう!!

以前からお付き合いのあるという地元の不動産業者です。


地主さん曰くなんでも、


「お父さんの代から面倒を見てきたのに、

こんな大きな取引をうちに黙ってしようとするなんて、

到底認められない!」


と酷くご立腹なんだそうです。


私 「あの・・・認めるも何も、

○○さん(地主のこと)の勝手じゃないですか?

その業者さん言ってること変ですよ!?」


と、伝えましたが、

その地主さんは少し気の弱い方で、

自分より年長で、

なおかつ自分の父親の代からの付き合いということもあり、

おかしいとは思ってもあまり強く意見を言えないようです。

地主さんと不動産業者の立場が完全に逆転しちゃってます。


取引をまとめるために、

なんとか説得してもらおうと、

頑張ってもらったのですが、


「そうまで契約したいならすればいい!

だけどおたくとは今後手を切るよっ!」


と言われたらしく、

地主さんは途方に暮れてしまいました。


昔からの地主さんですから、

地元には結構な数の賃貸物件を所有しています。

それを管理している業者にいきなり


「もうやらん!」


なんて言われたら、

誰だって困ります。

物件を人質にした要するに脅しですね。


私 「これを機会に他の業者さんに管理をお願いしてみたらどうですか?」

私 「当社でも地元でやってる業者さんご紹介出来ますよ」


と色々と提案したものの、


「今更一から人間関係を築いたりしていくのは面倒だし・・・」


と言ってなかなか腰を上げそうにありません。

(人間関係うんぬん言える業者ではないと思いますけど)


このままではどうにもらちがあかないので、

私は最後の手段を取ることにしました!

その不動産業者と直接交渉に乗り出したのです。


ただ、今までの経緯から、


「取引を認めてくれ」

(そもそもこんなお願い自体おかしいですが)


と言ったとしても、

認めるはずはないと思っていたので、


「そちらが売主側の仲介に入る形で、共同仲介としよう」


と提案することにしました。


つまりその業者はなんにもしなくても、

何百万もの手数料が入ってくる訳です。

地主さんがゴリ押し出来ない以上、

これでダメならもうお手上げです。


・・・結果からいうと、

話し合いも何も最初からケンカ腰で、

こちらの言うことに聞く耳を持ちません。


「こっちは何十年も付き合ってやってんだ!」

「いまさらあんたんところの世話にはならないよ!」


の一点張り。

これはもうどうにもならないと悟ったので、


私 「あなた言ってることおかしいよ!」


務めて冷静に話していた私も、

最後には感情を爆発させ、

話し合いは物別れに終わりました。


結局、それが元で契約はなくなり、

しばらくはその地主さんの近況なども確認してましたが、

自然と疎遠になっていきました。

その後、数か月して例の業者から売りに出ていたようですが、

どうなったかは知りません。


こんなひどい地場の業者さん、

そう多くないと思ってません?

ところが!結構いるんですよ!


そうした人たちが共通して言うセリフが、


「先代から付き合ってやってる

「お客さんみつけてあげてる


この「してやってる」感が、

話の端々に見え隠れします。

ヤダヤダ・・・


人のふんどしで相撲取ってる不動産業者って、

そんなに偉いんですかね~(嫌味)?

こうした殿様商売の地元不動産業者も知ってるので、


大手だから・・・

地域の業者だから・・・


だけでは全然判断出来ませんね。

会社の規模などは関係なく、

最終的には取り扱う人間のレベルにかかってますよ、

不動産取引は!

このコラムに類似したコラム

不動産の共有関係の解消方法 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/20 10:00)

不動産登記の専門家「司法書士」と「土地家屋調査士」 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/06 10:00)

不動産の登記名義人と相続登記 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/04/22 10:00)

住宅品質確保法と住宅瑕疵担保履行法 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/04/08 10:00)

印紙代はいくら? 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/03/24 10:00)