遺留分減殺請求権行使の方法 - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

遺留分減殺請求権行使の方法

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般
相続

7 遺留分減殺請求権行使の方法

 遺留分減殺請求権は,必ずしも裁判上行使する必要はなく,遺贈等を受けた者に対して,意思表示することをもって足ります(最判昭和41・7・14民集20巻6号1183頁)。

相続人の一部の者に全財産が遺贈された場合における遺産分割協議の申入れには,特段の事情のない限り,遺留分減殺請求の意思表示が含まれていると解釈されます(最判平成10・6・11民集52巻4号1034頁)。相続人の一部の者に全財産が遺贈された場合,遺留分減殺請求権を行使しなければ,遺産分割の対象となる財産が存在せず,したがって遺産分割協議の申入れもすることができないためです。

 これに対して,遺言や生前贈与の無効の主張には,原則として遺留分減殺請求の意思表示を認めることはできないものと考えられます。なぜならば,遺留分減殺請求は有効な遺贈や生前贈与によって相続財産から離脱した財産の回復を目的とするものであり,遺贈や生前贈与が有効であることを前提にしていると解されるためです。

このコラムに類似したコラム

遺産分割の手続の流れ 村田 英幸 - 弁護士(2012/09/29 15:51)

遺産分割ー遺産共有の暫定性 村田 英幸 - 弁護士(2012/09/29 15:45)

4 波平の財産を相続できる人は? マスオ、ノリスケを考える 岩田 佑介 - 不動産コンサルタント(2010/07/09 15:52)

遺産相続で最初に確認すべきポイントは 大黒たかのり - 税理士(2016/08/22 08:18)

民法、相続ルールの大規模改正へ(4) 高原 誠 - 税理士(2016/02/22 19:23)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!