「リーダー」と「マネージャー」と「ヒトのプロ」 - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

藤島 淑子
株式会社インディプロス 代表取締役/コンサルタント
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
鈴木 達也
(ビジネススキル講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「リーダー」と「マネージャー」と「ヒトのプロ」

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
組織・人材マネジメント リーダーのあり方
「リーダー」と「マネージャー」について書こうと思い、まずは念のため検索したら、
最初に出てきた記事がこれ↓。

「あなたはリーダー? それともマネジャー?」



結論から言えば、この記事の定義に、私もほとんど賛成です。

リーダーもマネージャーも、どちらもヒトに影響を与える立場であることに変わりはない。


でも、リーダーは、目標に向けて自分からアクションを起こし、少なくとも「結果として」
ヒトがついてくれば、それで良いケースがある。


突出したスキルや技術で周囲を引っ張る人もリーダー。

誰もが共感する、魅力的なビジョンに自然とヒトがついてくる人もリーダー。



一方で、マネージャーは「マネジメント」が期待されているわけだから、「結果として」
ヒトがついてくれば良いというわけにはいかず、

一人ひとりのことを良く知り、みんながちゃんとついて来てくれるように、
意図的に働きかけ、仕組みをつくり、場をコーディネートすることが求められる。


そういう意味では、マネージャーというのは、「ヒト」について深い知見があることは
必須の要件で、「ヒト」に興味がなければ務まらない役割だと思います。



会社の規模が大きくなればなるほど、社員の多様性が進めば進むほど、また、
自律型人材が少なくなればなるほど、

ますます「マネジメント・スキル」が重要になってくると言う意味で、

「マネージャー(マネジメント・スキル)」というのは、会社の中に、とても“たくさん”
蓄えておくことが大事なのだと思います。



ではどうするか。

マネジメントの本質は、「ヒトのプロ」の本質と通じている部分がたくさんあります。

だから、できるだけ早いうちから、「ヒトのプロ」に必要な3つの資質を身につけていくことが、
とても大切なのではないかな、と思います。