良い中古住宅の見分け方 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

良い中古住宅の見分け方

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

中古住宅を買う場合、建築士に同行してもらって建物を調査してもらう事をお勧めします。
素人では判断し辛い建物表面の変化から建物内部で何が起きているか、内科医が診察するように建物を見てくれます。また、それ以前に少し知識があれば、建築士に見てもらう以前に、見てもらうに値する家かどうか自分で判断出来ます。

(1)建築確認書・検査済み書が残っているか
中古住宅が、新築時に合法的に建てられていたかどうかを判断する書類です。これが残っていれば合法的に建てられた証しになります。また、新築後増築や改造がなされているのかどうか判断する事も出来ます。新築時に合法であっても、後の改造で強度に問題があったり建物の維持管理が難しくなる場合があります。

(2)建設住宅性能評価書を取得している物件か
建設住宅性能評価書を取得していれば、フラット35S(中古住宅タイプ)を利用出来る可能性があります。フラット35S(中古住宅タイプ)は銀行金利を国費で一部負担する制度で返済が楽になります。

(3)床下・小屋裏が点検可能か
戸建て住宅の場合、良心的な造りをしている建物は、維持管理用に床下や小屋裏が点検できる様になっています。建物の舞台裏を覗かれて拙い家はそう云った点検口を設けていません。
フラット35S(中古住宅タイプ)を利用する際も、木造住宅であれば点検口があることが必須条件となります。

JHLでは、中古物件の調査サービスを行っております。お手頃な物件が見つかったものの、建物の構造や耐久性が今ひとつご不安な方は是非ご利用下さい。

【JHL】とは?
http://mbp-osaka.com/oado/service2/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

完了検査終了! 青沼 理 - 建築家(2013/05/22 15:19)

明日の検査のために札幌遠征(^^)v 青沼 理 - 建築家(2013/02/28 14:54)

現場は暑い! 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/11 04:00)

地鎮祭 小木野 貴光 - 建築家(2016/08/28 03:00)