介護福祉建築家のツール - 高気密・高断熱住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

介護福祉建築家のツール

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 高気密・高断熱住宅
ライフスタイル論

建築家(建築士)は住宅設計を机上で行うだけでなく、現況の様子を調べたりするため、様々な測定ツールを持っていたりします。

私が持っているのは「騒音測定器」のほか、室内温度分布などに効果を発揮する「レーザーポイント機能付き放射温度計」は色々な用途で使用します。(照度計も揃えなければ・・)

測りたい物・場所にレーザーポイントを当てるだけで温度を測定できるので、たとえば夏場のパソコン内部を測ると・・・

写真のように50度以上の高温になっていました。クーリングファンで冷却する構造ですが、熱に弱いハードディスクが夏場に壊れてしまうのも頷けますね。

冬場、暖房の効いた室内と廊下、トイレ、洗面脱衣室の温度差などは片手で測れるので、ヒートショック防止にも役立つツールだと思います。

てんぷら油の温度、屋外で熱くなったクルマの車内温度など、実際測って数字にしてみると驚くことが多いです。

高気密・高断熱住宅は、床と天井の温度差が少なく室内環境が均一であるものですが、家中を測定しまわると 新たな発見があるかもしれません(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

今年の社会福祉士活動(2011/01/22 18:01)

増える独居障害者(2009/07/09 20:07)

「家歴書」を持ちましょう(2009/02/16 09:02)

このコラムに類似したコラム

「日刊木材新聞に記事が掲載されました」 清水 康弘 - 工務店(2014/01/10 16:54)

「いよいよ寒波到来!」 清水 康弘 - 工務店(2013/12/16 19:23)

「自立研アワード」 清水 康弘 - 工務店(2013/11/22 17:44)

「旭川ラーメン」 清水 康弘 - 工務店(2013/10/04 17:24)

「広告とパブリシティ」 清水 康弘 - 工務店(2013/09/12 15:35)