ふすまは楽しい!! 迫力ある襖絵 曽我蕭白〈雲龍図〉 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村岡 由紀子
襖design 代表 襖コーディネーター
神奈川県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ふすまは楽しい!! 迫力ある襖絵 曽我蕭白〈雲龍図〉

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
ふすま

今年の3月20日から6月10日まで 東京国立博物館平成館で展示された

ボストン美術館日本美術の至宝展を観ました。

只今、名古屋ボストン美術館で開催中です。 来年は、九州、大阪と巡回します。


なかでも、曽我蕭白(そがしょうはく)の襖絵「雲龍図」は圧巻です。

ダイナミックでユーモラスな襖絵は、何とも言えぬ幻想的な空気を漂わせ、しばらくただ呆然と眺めていました。

墨の大胆な筆遣いと、とぼけたような、ちょっぴり悲しげにも見える龍の顔が心を惹き付けます。


是非是非、本物をご覧になって下さい。

お勧めです。



曽我蕭白は江戸時代の中期(1730〜1781)に活躍した絵師。

この襖絵、もともとは播州(兵庫)か伊勢あたりの寺院にあったもので、

1911年にボストン美術館に保管された時には、すでに剥がされた状態でした。

今回の展覧会のために修復され、黒いフチを付けてパネルに張って展示されています。

引手を入れた跡があり、部屋をぐるりと取り囲んでいた襖絵を想像します。


ふすまは日本の文化の発展と共に円熟した建具です。

襖絵は、ふすまの魅力に欠かせない楽しみでもあり美しさでもありますね。


〈ボストン美術館 日本の美術の至宝〉展については ↓ こちらをご覧下さい

                                       http://www.boston-nippon.jp/outline/


※写真上 曾我蕭白「雲龍図」のハガキより

※写真下 東京国立博物館チケット


襖design ホームページはこちらです

http://www.fusumadesign.com

このコラムに類似したコラム

ふすまは楽しい!!    引手いろいろ編 村岡 由紀子 - インテリアコーディネーター(2012/09/18 14:00)

日本の涼をコーディネート 豊田 康業 - インテリアデザイナー(2011/09/07 21:54)

人気の秘密は・・・どこにあるの?   シリーズその 3 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2011/01/31 01:00)

日本では見られない海外のインテリア特集 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2014/04/16 10:56)

◆アフタヌーンティー 石井 純子 - インテリアコーディネーター(2013/08/31 21:51)