私と任意売却の出会い - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

高橋 愛子
株式会社シナジー・マネージメント 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

野城 郁朗
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私と任意売却の出会い

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般


こんにちは
シナジー・マネージメント 高橋です。


さて、同業者の方に

「なんで任意売却専門でやっているのですか?」

「なぜ賃貸営業から任意売却に転身したのですか?」

と聞かれます。

特に、任意売却をやっている女性って少ないせいか、

とてもよく聞かれます。

やはり、不動産業というだけで、男性社会ですし、

特に、競売や任意売却などの債権がらみの不動産を

専門にやっている女性が少ないからでしょう。

とても恐い人なんじゃないか・・と思われていることも

あるようですが、会ってみると全然違います笑

会った方からは、


「面白いですね」とか「三枚目キャラですね」とか
「おやじみたいですね」とか、褒められてるのかよくわからない

ご評価をいただきます。

なので、皆さま不思議に思われるようです。


私と任意売却の出会いは、話せば長ーくなりますので、端的に↓

賃貸の営業をしていたある日、40代位の女性のお客様が
本当に本当に切羽詰まった状態でいらっしゃいました。

「家が競売になり、すぐにでも出ていかなくてはならなくなった
お金もないし、保証人もいない。何とかして下さい!!!」


当時、私のお店はとても安いアパートを扱うようなところだったので、
なんとか、初期費用がかからない、保証人がいなくても
相談できる家主さんに話をつけ、そのお客様はなんとか期日内に
お引越しができたのでした。
その当時、賃貸の営業しか知らない私でも、なんとなく

「競売」

という言葉は知っていましたが、漠然としたイメージで、


・こわい

・借金まみれ

・追い出される

・差押の張り紙を家に貼られる

などのドラマで見たような恐ろしい光景を想像しました。

そこから、「競売」について、調べてみたのです

本屋さんに行くと難しい本ばかりでしたが、

一番簡単そうな本を買い、読んでみると、

競売は、債権者が回収不能になった債権を回収するために

裁判所に申し立てをして、不動産を入札方式で売却し、

一番高値で入札した人がその不動産の所有権を得て、

債権者はその回収をする。

というものであるが、競売になる前に、債権者との間で話し合い、

任意で売却して、返済することができる。

これが 「任意売却」だと。

ふーん( ̄^ ̄) じゃあ、あのお客様も任意売却すれば
よかったんだ~



と単純に思いました。

そして、そこから「任意売却」について調べてみると、

任意売却は、競売と違い、

・市場価格で取引されるため、高値で売れる

・引越時期や引越費用などが相談できる

・債権者は早く高い回収が得られる

・債務者は残債を減らすことができる


などなど。


メリットばっかりじゃんー!

しかも、不動産会社も仲介手数料が得られるし、
競売物件みたくイメージも悪くないから、買う人も
普通の人でも買うのではないか?


と色々考えると、


☆債務者さんはあんな目にあわない

☆債権者さんは早くて高い回収が見込める

☆不動産業者は仲介手数料が得られる

☆買主さんは普通に物件が買える

☆不動産は次の人に円満に住んでもらえて再生できる




5WIN じゃーん!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


じゃあ、競売なんてしなくてもいいんじゃないの??


と若く何も知らない私はテンションをあげたのでした。


かれこれ、10年程前の話です・・


そこから、「任意売却専門」の弊社を立ち上げるまでには、

まだ時間がかかりますが

そのお話も追々させていただきますね。

これが、私と任意売却の出会いでした。


このコラムに類似したコラム

ローンの返済が苦しくなった時には 平野 秀昭 - 不動産コンサルタント(2011/09/08 16:16)

借地権整理事例②~地主の債権処理を絡めた処理 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/03/14 12:05)

誰にも言えない悩み 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2012/12/22 18:31)

返済の催促の電話や訪問 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/07/20 13:00)