(確定申告)複数の証券会社に口座がある場合 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

税理士法人 洛 代表
京都府
税理士
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(確定申告)複数の証券会社に口座がある場合

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用と税金

(1)証券会社A:特定口座“源泉徴収あり”・証券会社B:特定口座“源泉徴収あり”



特定口座“源泉徴収あり”で取引した場合には、その譲渡益に対して証券会社が源泉徴収を行い、確定申告が不要となります。したがって、複数の証券会社に口座があっても、それがすべて特定口座“源泉徴収あり”の場合には、原則として確定申告は必要ありません。しかし、譲渡損が出た場合の損益通算や損失の繰越控除などの特例を適用したほうが有利な場合には確定申告をすることができます。

(2)証券会社A:特定口座“源泉徴収あり”・証券会社B:特定口座“源泉徴収なし”



A社の特定口座“源泉徴収あり”については(1)で説明したとおりですが、B社の特定口座“源泉徴収なし”は、年間の総売却金額、総取得費、所得額、損失額等が記載された「年間取引報告書」が証券会社から送付されますので、それに基づいて確定申告を行う必要があります。いずれかの口座の取引に譲渡損があった場合などは合算して確定申告を行ったほうが有利となります。

(3) 証券会社A:特定口座“源泉徴収なし”・証券会社B:一般口座



A社特定口座“源泉徴収なし”については(2)で説明したとおりですが、B社一般口座の取引については、年間の総売却金額、総取得費、所得額、損失額等について、ご自身で資料をそろえて計算を行い、A社特定口座“源泉徴収なし”での取引分とあわせて申告をすることとなります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用と税金」のコラム

2011年度税制改正大綱(2010/12/30 02:12)