脱税の告発件数の多い業種とは? - 税務全般 - 専門家プロファイル

菅原 茂夫
菅原茂夫税理士事務所 代表
東京都
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脱税の告発件数の多い業種とは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 税務全般

先日、東京国税局より同局管内における平成23年度の査察の調査結果が公表されました。

査察、つまり「マルサ」というやつです。

平成23年度に査察に着手した件数は70件と前年度の62件に比べて増加しました。

このうち検察庁への告発件数は42件と前年の50件に比べて減少、過去5年間で最も低い告発率となりました。

平成23年度に処理した事案に係る脱税額は総額78億円、そのうち告発によるものは64億円、1件当たりの平均脱税額は1億5200万円と、いずれも前年度に比べて減少となっています。

これを税目別にみると、

所得税:12件(脱税額20億円)

法人税:29件(脱税額42億円)

所得税は脱税額が前年の2倍、法人税は全体の脱税額64億円の65%超を占める結果となりました。

これまで、告発件数の多い業種といえば「不動産業」が最も多いとされていました。

しかし、平成23年度では「情報提供サービス業」が最も多く、次いで「食料卸」「建設業」となっています。

情報提供サービス業、つまり最近流行りのIT業が最も目を付けられているということです。

脱税の手口は様々ですが、査察とまではいかなくても「税務調査」という点からしても「要注意業種」としてこれからマークされることは間違いないでしょう。

査察に入られるなんて事のないように適正な申告をお願い致します。

このコラムに類似したコラム

重加算税について 菅原 茂夫 - 税理士(2012/04/02 10:00)

法人にすることで経営上のメリットがあるなら 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/05 07:00)

藤沢税務署 菅原 茂夫 - 税理士(2013/02/28 15:35)

給与課税での特典を活かす 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/24 07:00)

帳面がなければ証明できない 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/16 07:00)