給与課税での特典を活かす - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

給与課税での特典を活かす

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

おはようございます、今日は趣味の方での本番ダブルヘッダーです。

午前は殺陣、午後はアカペラで舞台に立っております。

 

 

法人設立の有利不利について紹介しています。

利益の分散が効果的なことと、その効果は利益がそれなりに大きくないと発揮されないことを紹介しました。

 

次に考えたいのは法人にした場合の個人課税です。

前述のとおり、法人を作った場合にも個人所得税は考慮する必要があります。

法人から個人に対して支払われる給与に対する課税です。

 

 

ここでも少し前にご紹介した内容が活きてきます。

所得税においては、給与に対する課税では概算経費が用いられます。

税務的には給与所得控除という用語なのですが…まぁこんな言葉は覚えておかなくても一向に構いません。

 

個人事業でダイレクトに課税されるよりも、法人を通じて給与の形で課税された方が節税になる。

この点はしっかりと覚えておいて頂きたいポイントです。

 

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

開業当初は個人事業の方が得なことが多い 高橋 昌也 - 税理士(2012/06/02 01:00)

給与所得控除額 高橋 昌也 - 税理士(2012/05/30 01:00)

復興特別法人税 大黒たかのり - 税理士(2013/03/28 20:54)

法人にすることで経営上のメリットがあるなら 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/05 07:00)