伝えるのは、ニュアンスや雰囲気「どこへ行く日本の製造業」 - 販促・プロモーション全般 - 専門家プロファイル

うえた さより
株式会社ローズ・ウェッジ 代表取締役 カラーアナリスト・コンサルタント
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

伝えるのは、ニュアンスや雰囲気「どこへ行く日本の製造業」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション全般

以前にも、製造業、鉄工所の販売促進、販促活動の依頼を受けた話をしました。その時は、話の中心を「新規顧客の開拓」という話を書きました。

今回は少しその話を角度を変えて書きましょう。

先日、当社のホームページを見て「ひらめき」がありましたというご感想のメールをいただきました。

海外で、製造業の販売をしている会社でした。海外で日本企業の商品が売りづらくなっているとのこと、たまたま偶然当社のホームページにたどり着き、衝撃を受けたそうです。

これまでの仕事で、「色」なんて考えてもみなかった・・・。

日本の強さと言えるべき製造業、電化製品が海外で売れなくなってきた・・・ソニーを彷彿とさせる話ですよね。

そういえば、ソニーになくて、アップルやサムスンにあるもの・・・。

これはなんでしょうか。

ホームページをご覧になられ、感想を寄せてくれた方は、思いやり、喜び・・・感情といった「付加価値」と表現しています。

「精密に作れば、売れる」

そんな神話は、ソニーの減益をみるかぎり、どこか消えたのかもしれませんね。

以前、鉄工所の「会社案内」を作成したことがありました。もちろん、新規顧客を増やしたいということで。

よくわからないのが、

「何を伝えていくのか」

があまりわからなかったというところでしょう。鉄のかたまり、これをどう表現する?何を表現する?といったところでしょう。

でも、そこに何かを表現しなければなりません。

カジュアルでなんとなくクリエイティブな雰囲気を出そうとしました。(今振り返ると、よく、想像できましたよ。鉄工所の作業場を見るととてもそんな感じじゃありませんからね。)

こちらの鉄工所さんは、1点ものの手すりとか作成するのが得意なのです。手すりといえば、ふつうに写真撮影すると、業務用の手すり!本当に鉄筋みたいにふつうになってしまいます。

少しアングルを変えたり、作品の一部分を強調したりして、アートにしてみたのです。

これが、ウケましたね。また、

「ちょっとした付加価値」

も自然とつきました。なんとなく言葉で表現はできない、ニュアンスが周囲の経営者に訴えるものがあったと思います。

「鉄っておもしろい!」

別にこれまで興味がない方にも、「なんか感じるんだよな、この会社案内の製品」

「製品が地味」だったので、思いきってロゴなどを赤のアクセントを入れたりして・・・

全体のトータルのイメージも作り上げた会社案内と製品で、新規顧客の開拓に一役買いましたね。

おそらく、これからの製造業が求められているのは、上記のような

「何かしら、伝わる空気感」

ニュアンスや雰囲気も消費者にとって求められるところでしょうね。

これって、文章にするのが難しいところでもあります。ぜひ、セミナーで事例を見ながら、こんなニュアンスも大事と思っていただけたらと思います。



このコラムに類似したコラム

「色彩集客」って何?「色」と「集客」を導き出すまでに。 うえた さより - マーケティングプランナー(2012/02/16 18:45)

女性のお客さまをもっと増やしたい! うえた さより - マーケティングプランナー(2012/02/14 18:07)

ディスプレイの色は、季節の色を重視したほうがいいのか? うえた さより - マーケティングプランナー(2011/11/25 11:11)

男性を魅了した「赤」色。 うえた さより - マーケティングプランナー(2011/11/23 14:25)

女性のお客さまはこう動かす 7 うえた さより - マーケティングプランナー(2011/10/19 17:53)