女性のお客さまはこう動かす 7 - ダイレクトメール・チラシ - 専門家プロファイル

うえた さより
株式会社ローズ・ウェッジ 代表取締役 カラーアナリスト・コンサルタント
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

女性のお客さまはこう動かす 7

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. ダイレクトメール・チラシ

主たるお客さまは女性なのですが、会社のチラシなどに「かっこいい」はいいんでしょうか?

私のご依頼主は若手男性経営者ですね。つまり、「かっこいい」のをアピールしたい世代なんです。自社のチラシなどが「かっこ良くないと、なんだか自分をも否定されて、かっこわるいような気がする。」男性の心理は大方こうなんですよね。これが、時々困ってしま〜うことがあり・・・やだやだこんな仕事って思うこともありますね。

そうです。女性が好きな韓流スターとかなら、「かっこいい」ものもいいのですが。私に依頼をしてくださる企業さまはほとんど女性の顧客の目を気にしなければならないようなところ。

チラシなどを「かっこいい」ものにしても、女性は瞬時に私に関係ないやとピラリとゴミ箱に捨ててしまうかもしれません。今や消費者は、自分にあったものが基準ですからね。

今は、好みもさまざま。例えば、ピンク色1つでも、濃いピンクになると、少々とがった女性が好むとか淡いピンクならほんわか女性が好むなど、この「好み」も大きく細分化されるのです。

男性が言うような雄々しい「かっこいい」は時に難しいかもしれませんね。

もちろん、女性が求める「かっこいい」とは、韓流スター以外にありますよ。女性の求める「かっこよさ」は適度に「かっこいい」のが好きなのです。もっと言えば、きりりとした「かっこよさ」、努力をしているような「かっこよさ」、清潔感といえばいいのでしょうか?

ダサイのではないですよ。

ダサくないかっこよさ、をアピールすることは大事だと思います。この男性と女性のニュアンスの違いのようなものはこれからますます続いていきますよ。



このコラムに類似したコラム

満員御礼!京都セミナー:色を見た女性の心理や行動に注意して うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/05 09:05)

この差はやっぱり、成果でも違う!! うえた さより - マーケティングプランナー(2011/12/06 17:05)

追求すること、闘い方を変えること うえた さより - マーケティングプランナー(2012/08/07 10:05)

「集客」やっぱり、私が作ったチラシを参考にされますか? うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/25 20:13)

店、会社、自分にあうかどうかも色で判断していることが多い うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/19 13:09)