グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)って何? - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)って何?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
カイロプラクティック 腰痛・股関節関連

グロインペイン症候群(groin pain Syndrome)ってご存知ですか?

日本語では、鼠径部痛症候群とかスポーツヘルニアなどと言われている症候群です。



このグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)は、スポーツ選手、特にサッカーに多い症状で、他にも陸上競技やラグビーなど、走る競技や足を使う競技、タックルする競技などに生じやすい疾患です。
要するに股関節への肉体的ストレスが一つの要因になっていると考えられます。
(あくまで一要因であって、それだけが原因ではありません。)

有名な選手では、元プロサッカー選手の中田英寿氏やジネディーヌ・ジダン氏など、引退の一要因になった症状と言われています。

実際の症状は、股関節前面、特に鼠径部周辺に自覚する運動痛や圧痛です。
場合によってはそこから放散する痛みの広がりもあり、ひどい場合は自発痛になることもあります。
また動きに関しても可動域の減少、股関節に関わる筋の過緊張や筋力低下も多くみられます。

次回、グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)の原因を、西洋医学的な視点とカイロプラクティックの視点から、詳しくご紹介しましょう。

お楽しみに。

山中英司


治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.net/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「カイロプラクティック」のコラム

このコラムに類似したコラム

サッカーのグロインペイン症候群・・・症例Part1 山中 英司 - カイロプラクター(2009/10/30 19:37)

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)って何 Part2 山中 英司 - カイロプラクター(2007/12/26 14:40)

サッカーのグロインペイン症候群・・・症例Part2 山中 英司 - カイロプラクター(2009/10/31 15:16)

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)と心理的側面 山中 英司 - カイロプラクター(2007/12/30 15:14)

グロインペイン症候群とカイロプラクティック 山中 英司 - カイロプラクター(2007/12/29 12:01)