「家族との時間を大切にする」というライフスタイルのために - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「家族との時間を大切にする」というライフスタイルのために

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
デザイン・設計業務

加藤幸彦(エス)です。


「住まいに関する意識調査」の結果が、三菱地所ホーム(株)から発表されました。

ここ最近の住宅系の調査と同様、「家族との時間を大切にする」という回答が多くを占める結果となっています。

また、昨年の震災以降は「家族のキズナ」がキーワードなんだそうです。


一口に「家族の時間を大切にする」と言っても、現在のライフスタイル多様な時代においては、ステレオタイプな「みんなで茶の間に集まってテレビを見る」「お母さんのつくった晩ご飯を一緒に食べる」といった光景だけではないでしょう。


21世紀になって既に10年。

家族のあり方も、住宅のあり方も、新しいかたちが求められているように思います。


***********************************************

エスは、「小さな家の、大きなリビングルーム」を提案しています。

→小さくてローコストだけれど、ポジティブな家をつくる

http://www.sp-n.gr.jp/work/work_1a.html

***********************************************

 

エスのWEBSITE(official)

http://www.sp-n.gr.jp/


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「デザイン・設計業務」のコラム

キッチンの明るさと風通し(2012/06/14 17:06)

このコラムに類似したコラム

リビングは多目的室として用いよう 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2013/06/18 23:18)

リビングと家族 福味 健治 - 建築家(2013/03/01 09:02)

「カフェ」のようなリビングルーム。 加藤 幸彦 - 建築家(2012/07/13 17:00)

リビングは何階が良い? 葛原 千春 - 建築家(2011/11/15 15:47)

狭小住宅(というスタイル)を選ぶ その1 Nw邸 宮原 輝夫 - 建築家(2011/05/31 12:21)