「カフェ」のようなリビングルーム。 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「カフェ」のようなリビングルーム。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
デザイン・設計の事例

加藤幸彦(エス)です。


最近、30代の施主さんを中心に「カフェのようなリビングルーム」というイメージが共有されつつあります。

ただ単に「オシャレな」な感じを目指しているわけではありません。


この「カフェのようなリビングルーム」というのは「凄く革命的なこと」なのだと、じつは僕は思っています。


今までのリビングルームといえば、「お父さん+お母さん+子どもたちが、同時に同じ場所で、同じことに興味を向ける空間」だったのだろうと思います。

そこには、テレビが中心にあり、なんだか高級そうに見えるソファがあって、食事の後は決まってそこに集まることが暗黙のルールになっていたり..

その旧来のリビングルームにたいする固定観念が、若い家族を中心に、次第に薄れてきていることを、僕は最近感じています。


今は、同じ場所にいても、

おとなも子どもも、手にはスマホ、雑誌を読んだり、パソコンを開いていたり..。

でも、それが「家族バラバラ」ということじゃない。そこにも何か「家族のきずな」のようなものは確かに存在する。

その新しいイメージを示す言葉が、「カフェのような」なのだと考えています。


さあ、新しいリビングルーム、つくってみましょう。


**************************************

エスのWEBSITE(official)

http://www.sp-n.gr.jp/



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「デザイン・設計の事例」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

【東京エリア・家づくり体験】どんな間取りをつくるのか?そこから始めましょう!

料金
10,000円

今年こそ始める「家づくり」。
このサービスでは、「間取り」をスタートポイントとした家づくりを建築家・加藤幸彦(エス)が支援します。
現在の生活のご様子、メンバー構成、将来の計画などを個別に診断したうえで「間取りスケッチ」を短時間で作成し、ご家族に必要な建物の「ボリューム=容量」をチェックします。

住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

このコラムに類似したコラム

リビングは多目的室として用いよう 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2013/06/18 23:18)

リビングと家族 福味 健治 - 建築家(2013/03/01 09:02)

土間のある家(趣味のスペース、第2のリビングとして) 加藤 幸彦 - 建築家(2012/06/01 17:00)