変形性膝関節症とカイロプラクティック Part6 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

変形性膝関節症とカイロプラクティック Part6

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
カイロプラクティック 膝・足の症状
変形性膝関節症の原因が''「心理社会的因子」''と言われても、すんなり腑に落ちないでしょう。

実際、変形を起こした膝のレントゲンを見ていると、ストレスが痛みの原因と言われても・・・と言う感じだと思います。
それだけ視覚効果ってインパクトがありますからね。

しかし、このストレスと変形性膝関節症とがつながりが見えてくる研究もあります。

それは「ゆらぎ」の研究です。

北海道大学教育学部の山田憲政准教授らが行った重心変化の実験があります。
それによると、重心の変化には「ゆらぎ」があり、''「ゆらぎ」''が大きいほど、情報処理能力が高く安定しています。
逆に、これが規則的で機械的になった場合、各部位の不規則な運動に対して適応できず、ぎくしゃくした動きになってしまうだろうという事です。

変形性膝関節症の初期症状の不安定さと一致してきますよね。

そしてこの「ゆらぎ」は、疲労した状態やストレスを受けている状態では、小さくなるのです。

実際、私の臨床現場では、変形や軟骨が磨耗しようが、痛みは一様に軽減または消失します。私は構造を変えているわけではありません。

もともと痛みとは、機能的な要素でとても主観的感覚です。その痛みを構造だけで説明するのは明らかに限界があるのではないでしょうか。

山中英司

治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.blog73.fc2.com/
治療院外活動ホームページ http://jocoso.jp/hikaichiro/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「カイロプラクティック」のコラム