膝関節半月板損傷 痛みと構造は別?!Part2 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

膝関節半月板損傷 痛みと構造は別?!Part2

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
カイロプラクティック 膝・足の症状
前回膝関節半月板損傷について、概要をご説明しました。

今回は、症状について説明から、構造的変化と痛みとの関係性をご紹介しましょう。

まず、膝関節半月板損傷の直接的な症状は、無症状、または程度により膝関節の可動域減少や関節を動かした時のスムーズさの減少です。

一般に自覚症状として起こる膝関節の疼痛、関節内に水が溜まる、筋の緊張(それによる可動域減少)は、半月板損傷自体が直接引き起こしていることではありません。

まず疼痛に関して説明すると、関節にある軟骨や骨には知覚神経がありません。要するに損傷や変形しても、痛みを感じないんです。
実際、痛みを感じているのは関節構造に関わる靭帯や筋肉です。

筋の緊張は、機能異常による緊張、または痛みによる二次的に生じた緊張です。
関節内に水が溜まるのも、機能異常により誘発された炎症物質による作用、または痛みにより誘発された炎症物質による作用です。

整形外科医では、損傷した半月板に注目して症状の原因と捉える傾向にありますが、構造的異常と機能的異常、両方の角度から症状の本質的原因を見極めることが、不必要な手術や早期改善には、肝要ではないでしょうか。

膝関節半月板損傷でお困りの方は、ぜひご相談下さい。

山中英司

●関連メルマガ:スポーツ障害? それは貴方にとってチャンスです!

治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.blog73.fc2.com/
治療院外活動ホームページ http://jocoso.jp/hikaichiro/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「カイロプラクティック」のコラム