住まいと家族の形 その6 (前半) - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住まいと家族の形 その6 (前半)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりを成功させる知恵 住まいと家族の形
住まいと家族の形 その6 子育てと家族の形の関係(前半)

(コラムその1は http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/22210)

今回は、戦前から戦後の家族の形が変化したことで起こっている子育ての形についてお話します。

この一連のコラムを読んだ方はピンと来るかも知れませんが、日本の場合は、戦前まで若夫婦が仕事をして両親や親戚、近所の年配者が子供の世話をするというライフスタイルが一般的でした。

それが、西欧から入ってきた「個人主義」の流れで、大家族の絆は薄まり、核家族化が進み、若夫婦の夫は会社へ、そして妻は子育てという形になっていったのです。

当然のこと、若夫婦は子供を育てる知恵というのもはほとんど経験や知識がありません。ですから、今の世の中では子育ての情報が沢山出ているのです。

しかし、情報でカバーできる範囲と「心のもちよう」という情報などでカバーできない部分があります。戦前ではこの「心のもちよう」は、両親や親戚、近所の年配者から徐々に教わっていきました。

そのように考えると、今、子育てが大変なのは当然なのかも知れません。

(その2へつづく)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「家づくりを成功させる知恵」のコラム