住まいと家族の形 その2  昔、子供の面倒を・・ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住まいと家族の形 その2  昔、子供の面倒を・・

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりを成功させる知恵 住まいと家族の形
住まいと家族の形 その2  昔、子供の面倒を見ていたのは? 

(コラムその1は http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/22210)

両親が子供の面倒を見、そして若夫婦が稼ぎ手となって働く。
これは戦前までは当たり前のようにして成り立っていた家族の形です。

興味深い事に、子供の面倒は両親が見ていたので、ある程度子供をどのようにして育てればいいか?を熟知した人たちが、一番子供の面倒を見ていたのが戦前です。

また、近所の人も一緒になって世話をしてくれたのもこの時代です。

その間、若夫婦は、農地を耕したり、手工業、商売などを基盤にして仕事をなしていました。

このようにして大家族で連携しながら「大家族からなる家」を支えていったのです。

このように言うととても昔の話のようにも聞えるかも知れまえんね。
ですが、離島や田舎に行けばまだ継承されているところもあります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「家づくりを成功させる知恵」のコラム