その6→子どもを持つことを考える - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

and Cs 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

その6→子どもを持つことを考える

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
女性こそコーチング 女性と仕事と子育てとコーチング
力作が消えてしまいました・・・。あああ

気を取り直して!

1ついえます。子どもは授かりもので、自分の意思どおりにはならない。これはいわば神の領域!

 だから。決心の問題です。


 保育園の問題で授かる時期を調整せざるを得ないのは人として哀しいものがありました。でも仕方ない。現代のそれが姿なのですから。

 あなたとあなたの子どもの父親になる人のココロの底の声はなんと言っていますか?


 いろいろな考えがあっていいと思うのです。母性の弱い女性もいる。子どもがどうしても好きになれない人もいる。出産がこわくて仕方ない人がいる。シゴトのほうがすごく好きな人がいる。みんな違ってそれでいい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
and Cs 代表

「傾聴力」が高まった職場では、組織の実力が劇的に変わります

「正しく聴ける力=傾聴力」を高めることにより、コミュニケーション能力が向上し、人間関係において、望ましい関係を構築することができます。コーチングの手法を用いた「人を伸ばす」研修により、個人の成長と企業の成長を支援しています。

カテゴリ 「女性こそコーチング」のコラム