住宅ローン・・・借り換え・繰上げ返済すべき? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン・・・借り換え・繰上げ返済すべき?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅ローン 借り換え・繰り上げ返済
住宅購入から3年経ち特約期間が終了となり、1.6%から 3年固定2.4% 
5年固定3.1% 10年固定3.70%を選択しなければなりません。

ローンは35年で組んでいて残債も2000万以上あります。
このまま固定金利選択型ですとあがってしまいそうで、
どうしたらよいのかわかりません。
借り換えをした方がよいのでしょうか? 

又、少ないながらも貯金をして繰上げ返済をしようとした所
銀行で100万くらいではあまり変わらないような事をいわれました。
テレビで見た時は100万でも大きく変わるとききました。

又、繰上げ返済は、期間を短くする方法と月額を少なくするのは、
どちらがいいのでしょうか?

まず、金利について。

3年固定2.4%、5年固定3.1%、10年固定3.70%ということで、借換えをして10年固定で、
2.4%よりも低い金利があるので、金利上昇を予想すれば借換えがおすすめです。

さらに、今は銀行間で競争をしていますので、固定金利期間終了後も
金利優遇のついている所が少なくありません。

次に繰り上げ返済について

返済残り期間が30年もあれば100万円繰り上げ返済で、
おおざっぱですが100万円得すると考えてください。

銀行で100万くらいではあまり変わらないと言った人は、
金融機関に勤めている資格なしだと思います。
返済期間が残り5年を切れば、100万円の繰り上げ返済をしてもあまり効果がでませんが。

繰上げ返済は、期間を短くする方法と月額を少なくするのは、
どちらがいいのか?

損得だけで考えれば、期間を短くする方法が得です。
しかし、損得だけでは考えてはいけません。
今後、教育費などで家庭の収支が厳しい場合など、
FPとして月額を少なくする方法をお奨めする場合があります。

住宅ローンのご相談はFP知恵の木へ!
"家計の無駄を見つけて賢い節約を"

◎住宅ローン無料メールセミナー受付中!