面接の極意 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

面接の極意

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
転職支援
私は転職のときの面接で緊張したことがありません。
何でだろうな〜と深堀してみると、私はあまり自分自身に表裏がなく
非常に自己開示が得意だからです。

自分にあまり自信がないこともあり
「他人によく見せよう」という意識があまり働かず、
等身大の自分自身で面接に望むからかも知れません。

これがBestとはいえませんが、自分自身に偽ると
かならず面接では面接官に見抜かれます。

どんな質問を受けても等身大の自分であれば、
「軸」がぶれないのです。
よく見せようとしたとたん、自分の軸がぶれるので、
そこを面接で突かれます。

とにかく自分自身を理解すること、どんな角度の質問がきても、
自分自身の動機や軸がぶれないこと、これは鉄則です。

まだそれに自信がない方は自己分析の掘り下げ方がまだまだ足りない。
面接では、その方がどんな動機で仕事に取り組む方なのかを見ます。
それによってパフォーマンスが発揮される環境が見えるからです。

うそをつく必要はありません。
よく見せる必要もありません。
自分自身の動機、価値観、軸が明確になっていれば、
それにそって面接で対応するだけです。

シンプルですが、これが面接の極意。
あとは落ち着いて深呼吸して、焦らずプレゼンテーションすることです。
緊張してしまう方は落ち着いてお話する練習をしてくださいね!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(キャリアカウンセラー)
キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント

最後に決めるのは自分。人生に迷ったときのキャリアカウンセラー

ソフトバンクBB株式会社で人事・採用業務に携わり、その後、大手人材会社にて求人開拓営業などに携わる。2007年に独立し、現在はフリーのキャリアカウンセラーとして、経営者や一般の方の相談を受けている。

カテゴリ 「転職支援」のコラム

エンゼルバンク(2010/02/06 23:02)

枠を広げて考えてみよう(2009/11/30 00:11)