最近の転職相談状況について - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最近の転職相談状況について

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
転職支援
最近、転職相談に来られるクライアントさんが
増えてきています。

もともと私のキャリアカウンセリングにおいては、転職相談だけではなく
就職活動支援、中長期のキャリアプランニング、
職場の環境改善など、さまざまな相談があったのですが、
昨今は、離職中で「今すぐ転職したい」という方が圧倒的に増えてきました。

今まで「今すぐ転職したい」方は、人材紹介会社や
人材派遣会社、職安などで、相談に乗ってもらいすぐに求人紹介を
してもらうケースが多かったと思います。

しかし、ここにきて、1時間10,000円の私のカウンセリングに
人が増えているのはなぜだと思われますか?

求人難で、人材紹介会社に求人が減り、該当する求人がないと
登録ができない状況であるのです。
職安でも行列だったり、1つの求人に応募が殺到するため、
なかなか書類選考が通らず、その相談に乗ってもらえることも少ないのです。
要は、離職したものの、相談する人も相談する機関も少ないということです。

落ち続けると自信をなくし、八方ふさがりになり、
有料でもいいから、誰かに話しを聞いてもらいたい、
書類選考を通過するレジュメを作りたい、
そういう方が増えています。
求人が減っている30代後半の方々の相談も増えています。

今、できることを積み上げることでしかキャリアは作れません。
しかし、ただがむしゃらに働いていても、何がやりたいことか
見えてこないでしょう。

ぜひまだ自分には関係ない・・・と思われている方は、今のうちに
キャリアカウンセリングを受けたり、自分のキャリアの振り返りなどを
しておくとよいでしょう。

ご興味のある方は、気軽にお問い合わせくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(キャリアカウンセラー)
キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント

最後に決めるのは自分。人生に迷ったときのキャリアカウンセラー

ソフトバンクBB株式会社で人事・採用業務に携わり、その後、大手人材会社にて求人開拓営業などに携わる。2007年に独立し、現在はフリーのキャリアカウンセラーとして、経営者や一般の方の相談を受けている。

カテゴリ 「転職支援」のコラム

エンゼルバンク(2010/02/06 23:02)

枠を広げて考えてみよう(2009/11/30 00:11)