プレゼンテーション 32 ~不安な気持ちを表すボディランゲージ4つ~ - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

リリア株式会社 代表取締役
東京都
人の印象の専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンテーション 32 ~不安な気持ちを表すボディランゲージ4つ~

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
プレゼンテーション

あなたはプレゼンテーションが上手くなりたいですか?

 

今回は、「プレゼンテーション・15個のチェック」の

13個目「13. ボディランゲージは適切ですか?」から、

 「不安な気持ちを表すボディランゲージ」をご紹介します。

 

同じ内容であっても、自信のある態度で発せられる言葉と、自信のない態度で発せられる言葉では説得力に大きな差がでます。

プレゼンテーションは自信のある態度で行いたいものです。

 

どうして自信のない態度になってしまうのでしょうか・・・

それは、心の不安が無意識にボディランゲージとして表れ、相手にも伝わってしまうのです。

人が不安なときに行いやすいボディランゲージをご紹介します。

 

◆  不安な気持ちを表すボディランゲージ4つ ◆

 

1. 両手を、こすり合わせる・握る・組む

 

不安な気持ちが高く、強いストレスを感じるほど、強い力で握ります。

 

2. 頻繁に、髪の毛・顔、アクセサリーや小物を触る

 

落ち着かない気持ちの表れです。

女性が髪の毛を触る行為は、男性からするとセックスアピールとして受け取る人もいます。

 

3. 時計・ブレスレット・カフスを触る

 

人前で腕を組むことはできません。腕組みの代わりに手をクロスすることで、

体の前に腕で壁を作り、相手との距離を保つことで安心を得る行為です。

 

4. 常に、脇を閉めて肘を体に付ける

 

肘が体に密接しているのは、体を防御する行動です。女性らしい仕草でもあります。

不安でおびえているように見える場合もありますので、腕はリラックスさせましょう。

 

 

プレゼンテーションの本番で不安になるのは当たりまえです。

しかし、相手に悟られてはいけません。

 

不安や恐怖で顔のパーツが引きつったり、ピクピク痙攣してしまう現象を避けることはできませんが、ボディランゲージは意識することで回避することができます。

 

不安じゃない、自信もあるのに、似たようなボディランゲージの癖がある方は、間違った情報を発信している可能性がありますので注意してください。

 

 

・不安な気持ちが強くなると、あなたに現れるボディランゲージは?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 人の印象の専門家)
リリア株式会社 代表取締役

人と人のコミュニケーションに欠かせない印象マネジメント

イメージコンサルティング、コーチング、カウンセリング、の技術を習得後、自身のブランディングの効果を元に、人の印象の専門家として、人のポテンシャルを最大化させる「印象マネジメント」を体系化し、企業向け、個人向けサービスとして現在展開中。

カテゴリ 「プレゼンテーション」のコラム

このコラムに類似したコラム

【英語プレゼン】恋の告白とプレゼンの共通点 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/02/12 11:00)

【英語プレゼン】聴衆に道しるべを 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/02/04 11:00)

【英語プレゼン】プレゼテーションはプレゼント 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/01/27 11:00)

【英語プレゼン】効果的な話し方 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/01/23 11:00)