シナ合板のクリア塗装のコツ(オスモカラー) - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

シナ合板のクリア塗装のコツ(オスモカラー)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
デザイン・設計の事例

加藤幸彦(エス)です。


インテリアの壁や天井で、僕がよく使うのが「シナ合板/オスモカラー塗装仕上」。

自然塗料のオスモカラーは、仕上がりがやわらかくて、耐久性があり、いやな匂いもなく何より安全な製品です。エスの現場では重用しています。


シナ合板のやさしい木目を引き出すときは、やはり「クリア(透明」を採用することが多いです。

ただし、クリア塗装には、気をつけるべきことがあります。

それは「木の焼け」。


とくに日当りのいい部屋などでは、シナ合板特有の「淡い白木の色」は、紫外線劣化により数年で焼けた色に変わってしまいます。


そこで、エスでは、

できるだけ長い期間「淡い白木の色」をキープするために、ちょっとワザを使っています。


ワザとは言っても、そんなにスゴいことじゃありません。

クリア塗料の中に、ほんの少しだけ「白」を混ぜて塗るだけです。


ほんの少し、というのがポイント。

シナの素地がほんの少し染まるくらいの「ちょっぴり白」を入れるだけで、経年変化の焼け色をかなり防ぐことができます。

ただクリアを塗っただけのときよりも、塗り上がりも上品。


上の写真が、その例です。

作品「光と風の家/La maison du courant d’air」の読書スペース。

天井が「シナ合板。オスモカラー(クリア)仕上」です。

 →この作品ページは、http://open-g.net/press/archives/1055


**


現場では、いつもの信頼する塗装職人さんがいらっしゃいます。

下の写真が彼の仕事風景。

これはオスモカラーじゃないですが、僕の難しい注文に試行錯誤してくれているところです。


で、シナ合板のオスモカラー(クリア)仕上のときは、いつも、

「オスモクリア、ちょい白ね!了解!」です。



*******************************

エスのWEBSITE(official)

http://www.sp-n.gr.jp/


 


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「デザイン・設計の事例」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

【東京エリア・家づくり体験】どんな間取りをつくるのか?そこから始めましょう!

料金
10,000円

今年こそ始める「家づくり」。
このサービスでは、「間取り」をスタートポイントとした家づくりを建築家・加藤幸彦(エス)が支援します。
現在の生活のご様子、メンバー構成、将来の計画などを個別に診断したうえで「間取りスケッチ」を短時間で作成し、ご家族に必要な建物の「ボリューム=容量」をチェックします。

住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

このコラムに類似したコラム

落ち着いたオレンジ色 松永 隆文 - 建築家(2014/12/10 18:19)

ピッコロ 中村勝己 - 建築家(2013/02/17 16:46)

軒天塗装 松永 隆文 - 建築家(2012/09/24 09:37)

軒天張り 松永 隆文 - 建築家(2012/09/17 09:17)

美しい木目が仕上りました 松永 隆文 - 建築家(2012/07/10 09:22)