間接照明のいちばん簡単な方法 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

間接照明のいちばん簡単な方法

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
デザイン・設計の事例

加藤幸彦(エス)です。


照明は、インテリアの雰囲気を決めるとても重要なものの1つ。

エスでは、やわらかな光をつくる「間接照明」を多用しています。


いろんな方法があるのですが、今日は、そのなかでもいちばん簡単でローコストな方法をご紹介。


名付けて、「天井バウンド照明」。

用意するのは、

・シンプルなスポットライト型の器具

・白く仕上げた広い天井面

天井近くの梁た家具のてっぺんなどに、スポットライトを上向きにセットすると、天井全体がパっと優しく光ります。


使用電球は、あまり光の輪郭が強調されないようにレフ球を使います。

できれば、調光器(ライトコントロール)をつかって、少しだけ光度を落とします。

そのほうが、ぐっと光がやわらかくなるし、実は電球の寿命も延ばせるのです。


最近は、LED電球も性能が良くなってきました。レフ球のかわりにLED電球を使ってもいいでしょう。

熱を発しないLED電球は、間接照明にもってこいです。


もう少し、本格的に間接照明を楽しむなら、蛍光灯型の「スリムライン」がおススメ。

このタイプの器具も、最近めきめき使い勝手が良くなりました。

かつては店舗用として使われていましたが、住宅にも気軽に使える器具として性能整備が進んでいます。


(→関連ブログ「照明チェック in コモレビテラスハウス」


***************************

エスのWEBSITE(official)

http://www.sp-n.gr.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「デザイン・設計の事例」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

【東京エリア・家づくり体験】どんな間取りをつくるのか?そこから始めましょう!

料金
10,000円

今年こそ始める「家づくり」。
このサービスでは、「間取り」をスタートポイントとした家づくりを建築家・加藤幸彦(エス)が支援します。
現在の生活のご様子、メンバー構成、将来の計画などを個別に診断したうえで「間取りスケッチ」を短時間で作成し、ご家族に必要な建物の「ボリューム=容量」をチェックします。

住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

このコラムに類似したコラム

入口側アングル 松永 隆文 - 建築家(2015/04/16 11:07)

ANAラウンジのインテリア 斉藤 進一 - 建築家(2013/11/05 00:49)

空間に溶け込むキッチン 松永 隆文 - 建築家(2013/08/08 14:56)

間接照明 松永 隆文 - 建築家(2013/05/30 17:50)