世界の株売買高、最高! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

世界の株売買高、最高!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
おはようございます!

今日は比較的暖かくなるようですが、この夏の40度近い猛暑かと思えば、北日本では11月に大雪が降るなど、「異常気象」が気になる今日この頃です。

でも、毎年このような年が続くと、これはもう“異常”ではなく、「通常」なのかも・・・

地球環境が大きく変わってきているようです。


一方、マーケットは、NYダウや日経平均は大幅下落、乱高下で、“2弱”がますます鮮明になってきました。

それでも、世界の株式の売買は、過去最高を更新中です。

国際取引所連盟の発表によると、今年1月から10月の売買代金の累計額は、ドル換算で83兆7800億ドルと過去最高だった昨年の69兆8000億ドルを軽く抜いてしまいました。

特にサブプライム問題で動いた8月をみると、単月で10兆ドルを超す売買高となり、昨年の約3倍の取引となっています。

そして、日本を除く主要マーケットは、乱高下はありながらも、着実に時価総額が上がってきています。

さらに、デリバティブを組み合わせることにより、売買高は今後、急増していくことが考えられます。

マネー経済の影響力が、実体経済をも動かしていく“構図”は、今後ますます強まっていくことでしょう。

今までの、”マーケットの常識”が通じなくなる時期も、そう遠くなないようです。


これも、天候と同じく、ずーっと続けば“異常”でなく、「当たり前」になっていくのでしょうか!?

ますます人間が、「マネー」に振り回されないように、“自覚”と“ポリシー”が求められる時代となっていきそうです。

皆さんは、“備え”は万端ですか!?
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。